タグ:海辺の住認たち ( 97 ) タグの人気記事

海辺の キンクロハジロ 他


昨日のMFから

途中立寄った走水海岸では・・・

b0363649_20281757.jpg

遠目には、スズガモ が入ってきていると思ったのですが

近付いて見ると、なんと 「 キンクロハジロ 」 の♂でした。

b0363649_20283088.gif



b0363649_20284004.jpg

一羽だけでしたが、海で見掛けたのは初めてでした

轡堰や小松が池などが定番で、淡水が好みかと思っていただけに
意表を突かれた感じ・・・新しい発見でした(大袈裟・笑)


その他には

「 ヒドリガモ 」 が10羽ほどいました

b0363649_20284705.jpg



b0363649_20285450.gif


「 オナガガモ 」の ♀ (もしかするとエクリプス [非繁殖羽]? ) が二羽いました。

b0363649_20290256.jpg


そして、この海域で今季初見の 「 ヒメウ 」 です。

b0363649_20291124.jpg


沖合 で 船舶火災 ?

b0363649_20292099.jpg

海上保安庁の消防船が放水していました。
でも煙も出ていないし? 出初式の予行練習 ? ?
もう、そんな季節ですものね


ちょっと離れた砂浜には、カモメ もいましたが
この日の主目的、MFの 越冬チョウ 探しでしたので
陽が高いうちにと思い、早々に海岸を後にしました。


結果、ウラギンシジミ が一頭飛んでいるのを見かけただけでした。
比較的穏やかでしたので、アカタテハ なども期待したのですが皆無
本命の ムラサキツバメ の塒は今回も発見できず。


鳥たちには失礼かもしれませんが
仕方がないので、鳥たちを撮ることに


今季、初見の 「 ツグミ 」 です

b0363649_20293058.jpg


山茶花バック のお気に入りの一枚になりました。

b0363649_20294288.jpg


ワンチャンスでしたが 「 ジョウビタキ 」 の ♂ と ♀ にも会いました。

b0363649_20325074.jpg



b0363649_20330284.jpg

如何したのでしょうね? 以前と比べると警戒心が強いように感じました。
何年か前には ♂ がいた場所に ♀ が、 ♀ がいた場所に ♂ が、月日の流れを感じ


久しぶりに 「 カワセミ 」 にレンズを向けて見ました。

数撃てばと思い・・・激写したのですが(笑)
水面への飛込みや、飛び出しの瞬間は撮れず仕舞い
なんとかの2コマです。

b0363649_20331423.gif

拡大して見ると、小さな魚を咥えてました。

b0363649_20332792.jpg

生きるためとは言え、視力の凄さ と ピンポイント採餌 には驚きです。


この日の あわてん坊 を一枚

b0363649_20333880.jpg

サツキ か ツツジ かは、ちょっとわかりませんが
今が盛りの スイセン とのツーショットです。



そして、最後に海辺を回ってみました

「 イソシギ 」 が

b0363649_20335224.jpg


「 イソヒヨドリ 」 の ♀ が

b0363649_20340515.jpg


「 アオサギ 」 が

b0363649_20341700.jpg

見た目、羽からは油分が抜け、湿っぽい感じに見えました。
風邪などひかなければ良いのですが・・・


最近の冬鳥の情報では、シメ や ホオジロ、 シロハラ なども
入ってきているとのことですが、いずれまたと言うことに
(21日 走水&観音崎) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-12-22 23:47 | | Comments(0)

シノリガモ が 一羽 他


毎年、楽しみにしている 「 シノリガモ 」

既に一か月ほど前から、いつものテトラポットでの目撃情報もあり
3回ほど足を運んで見ましたが、縁がなく・・・

つい最近では、相模湾側に先を越されてしまいました。
一昨日の オジロビタキ の帰路、立ち寄ってみましたが、ここでも縁がなく

昨日、もう一度テトラポットに行って見ようと思い、途中の燈明堂に
ちょっと寄り道、この寄り道が功を奏しました(笑)

b0363649_22444192.jpg



b0363649_22445061.jpg


波間から頭だけ、何となく可愛い犬の顔ようにも・・・

b0363649_22445807.jpg

正面から見ると、デストロイヤー みたい ( ご存じない方もおられると思い
ますが、力道山の活躍していた頃の覆面レスラー、足4の字固めが懐かしく)

b0363649_22450679.jpg


ジョークはさておき

全体的には♀のようにも見えますが
うなじの 白い 八マーク の模様から ♂ ですが・・・

b0363649_22451675.jpg

腹部後ろの横面や頭頂部に赤茶色の色分けが無いことなどから
「 第一回冬羽 ♂ 」 のようです。
( エクリプス の場合は風切羽に白い羽があるようなので)

b0363649_22452438.jpg



b0363649_22453498.jpg



盛んに潜水漁法を繰り返していました。

b0363649_22454580.jpg

採餌浮上ですが、鵜 のように 獲ったぞポーズ が無いので思い通りには撮れません

b0363649_22460154.gif

どうやら、お目当ては 小さなカニ だったようです。

b0363649_00235764.gif

カニって、トカゲの尻尾きり同様、足をおとして命を守るのでしょうか?

今回は一羽だけでしたが、次回は能書きなしの実物、♀ と ♂、その成鳥等々
そして、英名の Herleguin Duck ぶりを紹介できると良いのですが・・・
(19日 市内 [燈明崎] にて) (トリミングあり)



***********************************************


シノリガモ の他には・・・

遠くに今季の初見の 「 ヒメウ 」 がいました。

b0363649_22545318.jpg

金属光沢が美しい繁殖羽になるまではあと2ヶ月ほどかかるのかな。



期待外れの 「 ミサゴ 」 が上空に

b0363649_22550717.jpg

海面を探っているようでしたが、ダイビングすることもなく、手ぶらで通り過ぎました。



***********************************************


寄り道での想定外の出会いに、気を良くして
予定通り 野比海岸のテトラポット に・・・


シノリガモ は不在でしたが・・・
(午後は確率は悪いのは分かっていまが、午前中の真逆光に比べればなので)


「 カンムリカイツブリ 」 が一羽

b0363649_22553064.jpg


時折吹く強風に、トレードマークの冠も乱れ気味(笑)

b0363649_22554818.jpg



b0363649_22560141.jpg


風と潮の満ち引きによる大きな波も打ち寄せます。

そんな波との お気に入りの2コマ です。

b0363649_22561137.gif


強風 に 波、そして何度も潜水漁法をしていましたが 不漁続き

b0363649_22562888.jpg

文句のひとつも言いたくなるよね。

(19日 市内 [野比海岸] にて) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-12-20 23:53 | | Comments(2)

お天気 いいのに


風も弱く、お天気も良く絶好の海日和
諸事情(*1)により、しばらく自宅謹慎(苦笑)

そんな訳で一昨日のことを

お寺の用事で野比へ、帰路野比から観音崎の海岸線を覗いて見ました。


野比海岸では今季初見の「カンムリカイツブリ」が一羽、今季の初撮り

b0363649_23470751.jpg



b0363649_23471521.jpg


そして他の方のHPでは、例年のテトラポットに「シノリガモ」飛来の
ニュースもあり、行って見ましたが不在でした。


そして長瀬の磯では例年の定位置に「カンムリカイツブリ」が二羽
お決まりのカーリングのストーン状態でした。

b0363649_23472305.jpg


そして上空をミサゴが通り過ぎました。

b0363649_23473195.gif

この磯では、この時期は通りすがりが多いようです。
ダイビング漁法のパフォーマンスが見られるのは2月頃でしょうか?


そして、最後に観音崎を廻ってみました。
この日は祭日、駐車代金が560円、そんなことで大橋の上に車を止めて
ちょっと覗く程度でしたので、前日見かけた情報のあったウミアイサや
ハジロカイツブリは見つかるはずもなく。



(*1)
私事になりますが
左胸部脇に発疹、結構痛かったので昨日医者へ、帯状疱疹とのこと
飲み薬をもらい、なるべく安静にして、様子を見ましょうとのこと。
免疫力が落ちると、昔の菌(ウイルス)が再度悪さをするようです。
初期だと治癒も早いようですが、木・金かかりつけの医院が休みだったこと
もあり、病状が進行しており完治までは長引かなければ良いのですが・・・
お天気が良いと健康のためとばかりに、毎日カメラ片手に出掛けていましたが
そんなに無理したつもりはなく、単に加齢に伴う免疫力の低下だと思うと正直
なところショック、でも歳だけは仕方ないか・・・

余談ですが薬局で先発薬、それともジェネリックにしますかと聞かれましたが
見栄を張って先発と答えてしまいました。5日分、2割負担で約3000円
しばらく飲み続ける様になるのかは分かりませんが、見栄は最初だけにしよう

病名が分かり、少し冗談も言えるようになり良かったです。
早く治すように努力をしなければ・・・・



*************************************


本来であれば、今日は引き潮に合わせ三浦海岸を予定していたのですが
そんな訳で引きこもり・・・
撮りっぱなしの在庫はたくさんあるのですが、あまりやる気も起きず・・・


窓越しの絶好の撮影日和にため息ばかり、そこで散歩程度ならいいかぁ
との思いから海岸道路を片道2km弱、ゆっくり歩いてみました。
散歩はコンデジで良いのですが、いつの間にか手にはいつもの300mm
ゆっくり歩きながら視線は海上をじっくり(笑)


折り返し点の走水の磯で、「クロサギ」が遊んでくれました。

b0363649_23522201.jpg



b0363649_23523359.jpg


水平線を入れて見ました(笑)

b0363649_23474179.jpg



b0363649_23475981.jpg


飛び去ることもなく、近く飛びのサービスも何度かありました。

b0363649_23520090.gif



b0363649_23521155.gif



比較的近くで、獲物に狙いを付けて・・・エイッ

b0363649_23524418.gif

この時は失敗だったようです。

b0363649_23525690.jpg



そして、やや沖合のテトラポットに場所を移し暫くしたら

b0363649_23530738.jpg

お魚(メバルでしょうか?)を自慢げに

咥えたまま、少し安全そうな場所へ移動し

b0363649_23532030.jpg


後ろ向きで飲み込むまで苦労していたようですが

b0363649_23533424.jpg

どうやら、上手に喉を通ったようです。



写真撮っている時はあまり痛みも感じませんでしたが
やはりまだ痛いです。今日は早く寝よう、早く直さなければ
(25日 記)





by pastel24c | 2018-11-25 23:59 | | Comments(4)

漁場は大騒ぎ


b0363649_23125683.jpg

三者が入り乱れ・・・漁場は大騒ぎ

b0363649_23131444.jpg


遅れをとってなるものか・・・漁場に急ぐ面々

b0363649_23132356.jpg



b0363649_23134013.jpg


ユリカモメに混じり、一羽だけウミネコもいました。

b0363649_23133204.jpg


この時ばかりは、仲間のことなど構っていられません

b0363649_23135987.jpg


ウミアイサとのニアミスも何度か

b0363649_23140761.jpg


ユリカモメ、ウミアイサの前に先回り

b0363649_23141592.gif

もし魚を咥えて浮上していたら横取りするつもり?
そんなことは無いか、勘ぐってゴメン


ダイナミックなユリカモメのダイビング漁法、
アクティブなカワウやウミアイサの潜水漁法を静観していた
「クロサギ」が一羽、岩礁にのこり・・・

b0363649_23142834.jpg

この後、ストーリーとしては、動の三種に対して、静のクロサギ
その名も 音なし必殺漁法 を期待しましたが・・・
筆者の根気負け。


江の島バックに一枚添えて

b0363649_23155666.jpg

で・・・結局、拡大しても魚を咥えた写真は見当たらず
全て海中で飲み込んでしまうとは思えませんが・・・
あれだけのエネルギーを使って・・・不漁では
クロサギに笑われそう
(15日 市内 [長井] にて) (トリミングあり)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― ちょっと足を伸ばして ―

長井方面まで来ると、時間が許す範囲でキャベツ畑や
初声方面まで足を伸ばしてみます。

キャベツ畑では、水路に今季も「タヒバリ」が数羽来ていました。

b0363649_15141236.jpg

タシギも来ているとの情報もありましたが、今回は見つけることが出来ませんでした。



次に初声漁港を覗いて見ました。

一羽だけですがお目当ての「イカルチドリ」がいました。

b0363649_15142515.jpg

手前の漁港側では無く、運河のような幅広い川向こうの奥まったところで
肉眼でははっきりせず、撮影後モニターで拡大(写真左上)確認します。



また、こちらも同じような場所で、確認のため撮った写真ですが

同様に拡大して見ると、頭部、頬の白さ(光の加減かも知れませんが)
が普通のハクセキレイとは異なるように感じました。

b0363649_15143741.jpg

帰宅後、調べて見たところ関東地方では稀な旅鳥として
「ホオジロハクセキレイ」と言う鳥がいるとのこと。
この個体がそれかどうか、解像度の無い写真からは判断
できませんが気になり、翌日もちょっと寄り道して見ました。

いつもは、あまりハクセキレイはあまり撮らないのですが、今回は
ハクセキレイを意識的に狙ってみましたが、下の写真のような普通の
ハクセキレイしか居ませんでした。

b0363649_15145203.jpg

左の黒っぽいのが♂、灰色が♀になります。
♀の光加減によるものだったのかも知れませんね。
しばらくは、ハクセキレイも気にするようになることでしょう



また、この度は相模湾側に力を入れてしまいましたが
昨日はやっと東京湾側で ウミアイサ や ハジロカイツブリなどを
観察された方もあり、相模湾側はこれぐらいにして
暫くは地元、東京湾側も注視しなければ・・・





by pastel24c | 2018-11-22 23:59 | | Comments(2)

ウミスズメ Part3


逃げ惑う小魚(多分イワシ)、それを追うウミスズメ
そんなシーンが撮りたくて連戦です(笑)

b0363649_19234301.jpg

小魚たちの下では何が・・・想像が膨らみます。


飛び跳ねる魚とウミスズメのツーショット、一枚だけありました。

b0363649_19235258.jpg


こちらも一枚だけですが、目的だった採餌(らしき)浮上です。
(疑わしきは小魚と言うことで・汗)

b0363649_19240033.jpg


そして、もう一つの目的だった、羽パタもなんとか

b0363649_19241581.gif

都合4日間、先日の飛躍と採餌浮上そして羽パタと、まがいなりにも
目標にしていたウミスズメの3つのパフォーマンスを撮る事ができました。
次は岸辺の水中シーンなんて・・・無理無理、とりあえず目的完了と言うことに。



以下、何枚か・・・


あれれ、こちらの個体は目上が白い

b0363649_19242312.jpg

調べってみたところ冬羽ではこの目上の白毛は無くなり黒一色になるとのこと
夏羽の名残りだったのですね。英名の「ancient」には“年老いた”という意味
があるようです。どうやら夏羽にある頭部の白髪から付いたようです。



潜水は鵜やウミアイサなどと比べると羽を広げて潜ります。

b0363649_19243354.jpg

ヒレ足と翼で海中のスピードを上げるということでしょうか?



二羽が寄り添い、しばらく併走・・・仲良しカップルでしょうか?

b0363649_19244435.gif

♂、♀の違い、この二羽の関係などはよく分かりませんが・・・
5~8月に繁殖を終え、一夫一妻で一生一緒に居るとのことです。
オシドリよりもこちらの方を仲良し夫婦に例えた方が良いかもしれませんね。



分厚い瞼を閉じ、薄目を開けたような表情、より愛くるしく感じました。

b0363649_19245429.jpg



b0363649_19250964.jpg



最後に、色々な角度から

b0363649_19254000.jpg



b0363649_19290988.jpg



b0363649_19292366.jpg



b0363649_19293557.jpg



こんなシーンもありました。

b0363649_19294687.jpg



毎年悔しい想いをした被写体だけに、今季は運よく過去分を一気に取り戻したように
思います。一度潜水するとどこに出てくるか運まかせ、浮上した場所により一喜一憂
そしてシャッターを押したらもう水中に、波しか写っていなかったりとそんな繰り返し
そんな駆け引きが、とても楽しい被写体でした。


また、そこそこの撮影日和でも海の青さが出たり出なかったり、港内に入った時が比較的
近くで撮れるチャンスなのですが、湾右手の防波堤は午後からは逆光になったり、左手の
赤灯台側は順光になるものの、天気が良すぎると向かいの高層住宅の白壁が海面に反射し
残念な時が多々ありました。
もう少しとの気持ちはありますが・・・とりあえず今季のウミスズメ観察は一応終了。
(16&17日 市内 [長井] にて) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-11-18 23:45 | | Comments(0)

海面からチュンチュン ウミスズメ


遅めの出勤(笑)だったこともあり
一時間程すると海が夕日に染まり始めました。

b0363649_01480593.jpg

4時過ぎの光の中で、ピンボケの 「 ウミスズメ 」 が4羽


さて、タイトルが名前の由来かどうかは分かりませんが、風向きにもよりますが
30mほどですと海面からチュンチュンと鳴き声が聞こえてくることがあります。 

モグラたたき のハンマー代わりに咄嗟にその方向にレンズを向けるのですが・・・


そんな中から・・・

b0363649_01492307.gif

潜水漁法、潜った後は何処に出るやら運次第
近くに浮上を願うばかり・・・・


b0363649_03185550.jpg


ラッキー トリミングに耐えられる まぁまぁの距離

b0363649_01493338.jpg



b0363649_01494428.jpg

目と短めの嘴が可愛いです


画角に2羽が一緒のものがたくさんありました。
カップルでしょうか?

b0363649_01495489.jpg



b0363649_01500570.jpg


岸壁間近に急浮上!! ノートリの2コマです。

b0363649_01501377.gif

ウルトラ撥水仕様、高級感のあるウエットスーツですね



ユリカモメ とのツーショット

b0363649_01510056.jpg

どちらも小魚目当てでしょうか?
カモメ が舞う下部に居ることが良くあります。
と言うか、ウミスズメ に追われた小魚が海面に浮上してくるのを狙い
ウミスズメ のいるところに カモメ が集まるの方が正しいかも?


ちょっとビックリ! ウミスズメ
浮上したら、ユリカモメ がいっぱい

b0363649_07582052.jpg



ウ もどこからともなく
夕焼け小焼け みんな仲良し
そろそろお家に帰らなきゃ

b0363649_01560664.jpg

とても楽しかった モグラたたき も
ゲームアウトの時がやって来ました



昨年は、ボウズの日々が続きましたが今季は(写真の出来はさておき)2連勝
出来ることなら横綱に分けてあげたい。

今日は謙虚にダメモトと思い出掛けて見ましたが、今は謙虚さは失せ
今度は採餌浮上や羽パタや飛躍、追われた小魚が水面に飛び跳ねる様子等々
そんなシーンを想像する欲張りな筆者に様変わり(笑)
明日は天気もよさそうだし・・・どうしようかなぁ
(14日 市内 [長井] にて) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-11-14 23:59 | | Comments(0)

波 と クロサギ


秋らしい一日でした。
こんな日はやっぱり海かなぁ

岩を洗う波、そこに 「 クロサギ 」 がやって来ました。

b0363649_23435210.jpg



b0363649_23435979.jpg



b0363649_23440615.jpg


おっと、これはヤバイ

b0363649_23441406.jpg


漁などしている場合ではない

b0363649_23442886.jpg



b0363649_23442127.jpg


静かな海もいいですが、適度な波があると、より海らしくなりますね。

b0363649_23443573.jpg


ほんの一分ほどでMFの方向へ飛び去りました。

b0363649_23444312.gif


実は飽きもせずオオミズナギドリ狙いでした。
それほど遠くない海上に大きな群れがありました。

集結したり分断したりを繰り返していたので
近くに回遊してくれるのを待っている時に
突然現れ、相手をしてくれたのがクロサギでした。

で・・・一時間程いましたが結局
オオミズナギドリとの距離は詰まりませんでした。

口惜しい、300mmノートリ画像です。
(クリックすると少し大きな画像になります)

b0363649_00023133.jpg

上の写真では、上部で飛んでいるのをよくみると
カモメ(ウミネコ)も結構混ざっていました。

下の写真は、ほとんどオオミズナギドリでした。

b0363649_00061436.jpg


あぁ~ 釣人が羨ましい(笑)

b0363649_00062709.jpg

距離はありましたがそれなりに楽しめました



そして、今季初めてユリカモメを見ました。

b0363649_23482380.jpg

こちらは思いきりのトリミングです。遠かった(汗)

(21日 市内 [燈明堂] にて) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-10-21 23:52 | | Comments(0)

ようこそ 三浦海岸へ (3) ミユビシギ


b0363649_22120335.jpg


「 ミユビシギ 」 が6羽、そのミユビシギを狙っていると、その画角に
時々現れる 「 ハマシギ と トウネン 」 が各一羽、そんな構成でした。


「 ミユビシギ 」 今日はなんと28枚になってしまいました。
嬉しい悲鳴なのですが・・・もう大変
貧乏性で断捨離の出来ない筆者、撮り過ぎには注意しなければ(苦笑)


あれれ・・・
一羽が仲間とは別に波に向かって・・・

b0363649_22121116.jpg


水浴びがしたかったのですね。

以下、水浴び大特集です。

毎年、何回か撮影観察していますが、波を臆せず
これほど大胆な水浴び行動を見たのは初めてです。


波にのまれようが、ヘッチャラさ

b0363649_22122114.gif


やがて、みんなですれば怖くない状態に

b0363649_22122987.jpg



b0363649_22123864.jpg


次から次へと
もういいよと言いたいぐらい、たくさん楽しませてもらいました

b0363649_22124914.jpg



b0363649_22125731.jpg



b0363649_22130636.jpg



b0363649_22131823.jpg


レンズ越しでは動き早く分かりませんが、コマを拡大して見ると
美白のお顔に、ちょこんとした 黒い瞳 と 嘴 が映えます

b0363649_22132923.jpg



b0363649_22163616.jpg



b0363649_22164828.jpg


波に立ち向かう子もいれば、飛び上がる子もいたりと様々でした。

お気に入りの一枚、波打ち際の 軽業師

b0363649_22170082.jpg



b0363649_22171211.gif



b0363649_22172657.jpg



b0363649_22174009.jpg


滑り込みセーフと思ったら、もう次の波が・・・

b0363649_22175376.jpg



水浴び後の羽繕い、愉快です。

b0363649_22180629.jpg


見事すぎる腹部の白無垢、魅せられます

b0363649_22182088.jpg



b0363649_22183377.jpg



b0363649_22200566.jpg



個体識別を意識して撮影はしていませんでしたが
この時期ならではの色々な羽織の個体が、混ざっている楽しみがあります。
かな?程度で、同定自信はありませんが・・・

夏羽 ⇒ 冬羽に換羽途中

b0363649_22202035.jpg


ほぼ冬羽
(参考書では尾端に黒い部分があるのですが、これも冬羽への移行過程?)

b0363649_22203639.jpg


第一回冬羽

b0363649_22205261.jpg

もう暫くすると、より白さが増した一団が形成されることでしょう。
今回は、波に合わせて行ったり来たりの波打ち際の一糸乱れぬパフォーマンスを
ほとんど見られなかったこともあり、その頃にもう一度訪ねて見ようと思います。



一日前に出会った個体とは、同じかどうか分かりませんが
仲間とのツーショットを一枚ずつ。

b0363649_22210828.jpg



b0363649_22212360.jpg



今更ですが、名前の由来です。

b0363649_22213818.jpg

以下、主観混じりですが
この後趾、枝止まりをする鳥たちにとっては、鉄棒などを握った時の人間の親指のような
もので、なくてはならないパーツなのでしょう。この後趾を含め内・中・外趾と一般的に
鳥の趾(あしゆび)は4本ですが、一部のチドリ目の種には後趾がありません。主に砂浜
などを歩き回るのには必要がないということなのでしょう。そんな訳でシギ科の中では
ミユビシギだけですが、後趾が無く3本の趾(あしゆび)のシギと言うことで付いた名前
になります。比較写真に使ったトウネンのように同じような環境で生活するシギ類の中で
は、いち早く後趾が退化?したのがミユビシギ(三趾鷸)なのかも知れませんね。
(チドリ目チドリ科の中ではダイゼンやケリなどを除き、後趾がない種が多いです)



やがて飛び去り

b0363649_22215477.jpg

飛び姿もそうですが、今回は最後まで統率行動(姿勢)が無かったように思いました。



以下、この2日間で見掛けた4種のレッドデータの状況に付いてまとめて見ました

ミユビシギ ( 環境省 指定なし  神奈川県 絶滅危惧Ⅰ類 )
ハマシギ  ( 環境省 準絶滅危惧  神奈川県 絶滅危惧Ⅱ類 )
トウネン  ( 環境省 指定なし  神奈川県 絶滅危惧Ⅱ類 )
シロチドリ ( 環境省 絶滅危惧Ⅱ類  神奈川県 絶滅危惧Ⅱ類 [繁殖] 準絶滅危惧 [非繁殖] )

干潟や砂浜のの減少などのより、減少傾向にあるようです。

今季も  “ 三浦海岸へようこそ ”  3部作でした。
(10日 三浦海岸にて) (トリミングあり)





by pastel24c | 2018-10-17 23:55 | | Comments(0)

ようこそ 三浦海岸へ (2) ハマシギ & トウネン


この日は、本命(シロチドリ・ミユビシギ)不在でしたが
「 ハマシギ 」 1羽、 「 トウネン 」 2羽が相手をしてくれました。

b0363649_20111167.jpg


今までですと、本命の中に1羽、紛れ込んでいたと話題になることが
多かったこの2種、ここでは珍しい組み合わせでした。


両サイドが トウネン、真ん中が ハマシギ です。

b0363649_20112345.jpg


左が ハマシギ (16~22cm)、右が トウネン (全長L13~16cm)です

b0363649_20113262.jpg

上の写真はたまたま大きさの違いがはっきりとしていますが、あまり変わら
ないように見えたりもします。このL値、嘴先端から尾端までの為、数値より
見た目は嘴や尾が長い鳥は小さく見えることがあります。



*****************************


以下、「 トウネン 」 です。

b0363649_20114101.jpg


動きのある写真が何カットか撮れたので・・・

何を食べているのでしょうね

b0363649_20115148.gif


波打ち際にて

b0363649_20120431.jpg



b0363649_20121659.jpg



b0363649_20122935.jpg


そして水浴び

b0363649_20124499.gif


水風呂上がりの濡れた羽織や仕草は、とても滑稽でした。

b0363649_20125915.jpg



b0363649_20155897.jpg

早く水を切らないと、風邪ひくよ



*****************************


以下、「 ハマシギ 」 です。

大サービスの水浴びです。

b0363649_20171100.gif



b0363649_20172086.gif



b0363649_20173005.jpg

砂浜から海に注ぐ、細い流れの中で水浴びをしました。
今は下水も整備され生活排水は流れてこないと思いますが
どうせするなら、波打ち際の方が良いのにと思いながら見ていました。



2種とも、とてもフレンドリーでした。
特に ハマシギ はカメラを構えてじっとしていると、あちらから近寄ってきます。
その距離なんとレンズの最短距離(1.5m)・・・思わず後退りすることも

b0363649_20173902.jpg



b0363649_20174748.jpg


そして採餌に夢中でした。

b0363649_20175966.jpg


食べ物、何だろう???

b0363649_20180996.gif


上の次のコマ、思いきりトリミングして見ました。

b0363649_20182240.jpg

海辺での採餌、一般的には ヒメハマトビムシ とか ヒメスナホリムシ が多いようですが
今回の採餌、両者との感じ(容姿)が異なります。どちらかと言うと アリ に似ている
ようにも、でも アリ がこんな所に? この微小な食べ物、何だろう??(継続調査)



******************************


やがて、別れの時が来て

b0363649_20183320.jpg

右が ハマシギ 、それに続いて トウネン が2羽



*******************************


船着き場にて

時系列は逆戻りしますが、最初に見つけたのは船着き場でした。

見つけたと言っても、ベテランバーダーさんがいて、いつもの他力本願でしたが

暫くは、船着き場の構造物の陰で足に接着剤でも付いているのではと思うほど
動きがありませんでした。先輩との話でなんとか時間がつぶせましたが・・・

なんと小一時間、やっと動き始めました。

b0363649_20223577.jpg


少ない動きの中で、面白かった動きなど

器用に一枚の羽を 短い嘴で つまみ

b0363649_20224625.jpg

まさか、鶴の恩返し・・・そんなことはないですよね

b0363649_20225482.jpg



撮影時は先輩共々、同定迷いましたが、帰宅後拡大してみたところ腹下部に夏羽の
名残りと思われる淡い黒紋が僅かに残っていたことがこの写真などから分かりました
そんなことから ハマシギ としました。この時期のシギチの同定難しいですね。

b0363649_20232246.jpg


眠そうに眼をチクリ、嘴にも注目してみてください、

b0363649_20233453.gif

ソリハシハマシギ なんて名前も聞いたことないし(笑)

上嘴、堅いのかと思ったら意外と柔軟性があるのですね!



トウネン は2羽いたのですが、唯一の最接近
ところが、両者にピントを合せるのは至難の技

そこで、 2コマ被写体深度調整方 です(笑)

後の子にも、 はーい 息を止めて と言ったのですが

b0363649_20234637.gif

これで どちらからも文句を言われないで済むでしょう(再笑)



動き始めてからは、数分で砂浜の波打ち際に移動
フレンドリーなサービスを満喫しました。
動きの無かった、あの小一時間は何だったのでしょうね
(9日 三浦海岸にて) (トリミングあり)




26枚、筆者も疲れましたが、最後までお付き合い下さった方も
お疲れになったことでしょう。 ありがとうございます。

次回、ミユビシギなど




by pastel24c | 2018-10-14 23:58 | | Comments(0)

ようこそ 三浦海岸へ (1) シロチドリ


b0363649_23085430.jpg


今季も 「 シロチドリ 」 がやって来ました。

b0363649_23090534.jpg

5羽いましたが、画角には最大4羽しか写りませんでした



ところで君は、どこからきたの?

b0363649_23091364.jpg

5羽の中の一羽に “ コードネーム 赤01 ” 
の足環を付けた個体がいました。



NPO法人 バードリサーチに問い合わせたところ
履歴等に付いて下記(太字)の教示をいただきました

赤01の履歴を以下にお知らせします。
2017年に九十九里浜で繁殖に成功(写真添付)し、昨年冬も南下浦海岸で何度か報告されています。
今年の繁殖期初期におそらく赤01と考えられる個体を観察していますが、繁殖は確認できませんでした。
今年も同じ地に越冬に戻ったと考えられます。

シロチドリ 赤01 成鳥 雌

2017/4/28 発見 千葉県九十九里浜 抱卵中 標識放鳥(♂赤22とペア)
2017/5/4 抱卵継続
2017/5/5 抱卵継続
2017/5/11 抱卵継続
2017/5/18 抱卵継続
2017/5/22 ふ化成功を確認

2017/9/25 観察回収 神奈川県三浦市南下浦海岸
2017/10/5 観察回収 神奈川県三浦市南下浦海岸
2017/11/27 観察回収 神奈川県三浦市南下浦海岸(未確定)
2017/12/18 観察回収 神奈川県三浦市南下浦海岸

2018/4/5 観察回収 千葉県九十九里浜(未確定)

2018/10/10 三浦市南下浦町上宮田 ← 今回

とのことでした。

外房、九十九里浜に実家がある事が分かりました。
直線で100kmほどですが、冬季は比較的温暖な
三浦海岸の方が過ごしやすいのでしょう

行ったり来たりしないで、いっそのこと、この地で繁殖まですればよいと
思うのですが、そんなことを考えるのは筆者だけでしょうか(笑)



この日のお気に入り、ウミネコとのツーショットです

b0363649_23092234.jpg

ウミネコに興味を持ったようですが、ウミネコは知らんぷり


以下、海を入れたくて苦労したました(笑)
年寄りにはローアングル疲れます。

b0363649_23093151.jpg



b0363649_23093978.jpg



b0363649_23095098.jpg



b0363649_23100282.jpg



b0363649_23101284.jpg



b0363649_23102457.jpg



“ 千鳥足 ” 名前の由来に納得(笑)

b0363649_23141185.gif


と思ったら・・・
しゃきっとしたスピィディーな歩きも披露

b0363649_23142827.gif


羽パタやストレッチも無く、この日唯一のパフォーマンスです(笑)

b0363649_23144119.gif


パフォーマンスの代わりに、とてもよいモデルを務めてくれました
飽きもせずたくさん撮ったので、もう少し

b0363649_23145655.jpg



b0363649_23152238.jpg



b0363649_23150961.jpg



b0363649_23155453.jpg

距離にして15mほど、いつもカメラ目線
やはり気になるのでしょう。

それ以上、接近すると後の祭り・・・

b0363649_23161315.jpg


シロチドリ ですが環境省 絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。また、当県でも
同レベルの扱いです。繁殖期、非繁殖期を通し、減少傾向にあるようです。

そんなシロチドリに今季も早々に会うことが出来ました(ホッ)

これから始まる三浦海岸の歳時記、海辺のダイコン干しの時期を経て
春先まで砂浜でゆっくりと寛いでくれること、願いつつ・・・

なんて生意気書きましたが、結構追いかけ回してしまいました(謝)
(10日 三浦海岸にて) (トリミングあり)




他にミユビシギ、ハマシギ、トウネン、カモメなどにも
出会いましたので、整理次第、順次・・・・






by pastel24c | 2018-10-12 23:54 | | Comments(0)