2018年 11月 03日 ( 1 )

渡りの途中に


長居は無用とばかり、MFを足早に通りすがる鳥たちがいます。
ゆっくりしてゆけばいいのにネェ・・・そんな中から


「 アトリ 」

b0363649_21431524.jpg

遠くの枝間に5羽確認出来ました。( ↑ 一応5羽写っています・汗)

b0363649_21432466.jpg

しばらくすると下の方に降りてきてくれたのですが
暗くてトホホ・・・目いっぱいレタッチして見ました。

b0363649_21433233.jpg



b0363649_21433965.jpg



b0363649_21434739.gif



b0363649_21435576.jpg



以下、撮影過程です(笑)
b0363649_21440335.jpg

11/28日にMFにて2年ぶりの嬉しい出会いがありました。
ところが、この日は ↑ の悔しい写真がワンカットだけでした。

これではと言うことで、翌29日、そして31日 出掛けたものの待ちぼうけ

月が替わり 1日、5羽のグループに遭遇、撮影には苦労しましたがやっと

2日、もう少し格好よく撮らなければと出掛けて見ましたが この日も待ちぼうけ

都合5日も通ってしまいました。 
鳥モードに移りつつある自分を感じさせた 「 アトリ 」 でした(再笑)



*************************************


「 キビタキの♀ 」

b0363649_21441362.jpg



b0363649_21442502.jpg


クモ(ジョロウグモ?)、捕まえて食べていました。

b0363649_21443896.jpg


同一個体かは分かりませんが、♀ はひと月程前からよく姿を見せていた
そうです。 ♂ も時々現れたようですが筆者には縁がありませんでした。



************************************

「 ミヤマホオジロ 」

MFでは珍しい ミヤマホウジロ が出たようですが30分遅かったねでした。
それも ♂。 翌日気合を入れて、早めに出掛けて見ましたが、空振りでした。
昨年は横浜まで見にゆきましたが、地元MFで会いたかった。 あぁ~



***********************************

「 ホオジロ 」

b0363649_21492681.jpg

ミヤマホウジが出てからは、この子の名前は
“ ただのホウジロ ” と言うことになってしまいました(笑)

ホオジロ に関しては入れ代わり立ち代わりで暫くは見れると思います。
昨季は、カシラダカ が混ざっていたこともありこれからの楽しみに



************************************

こちらは腰を据えてくれるのでしょうか ?

「 アオジ 」が増えてきました。

b0363649_21494098.jpg

↑ 季節のコラボ、お気に入りの一枚になりました


お腹がすいたなぁ

b0363649_21495276.jpg



b0363649_21500511.gif

余程、空腹だったのか ?
至近のレンズを気にすることもなく、食事に夢中でした。



************************************

大ピンボケですが 「 クロジ 」 の ♂ だと思います

b0363649_21501813.jpg

MFでは15年11月以来、2度目の出会いでしたが
思い通りには撮らせてもらえません。 残念(汗)



*************************************

通りすがりの鳥たちを待っていると・・・

5~6羽の 「 エナガ 」 の一行がやって来ました。

b0363649_21503136.jpg

体長14cm、体重はなんと8g ほど !

枝上の軽業師、小さな嘴、つぶらな瞳

久しぶりに見る仕草、やっぱり可愛いです

b0363649_21504500.jpg



b0363649_21505764.jpg


イボタノキで小さな青虫(未同定)を見つけたようです

b0363649_21511039.gif

「シジュウガラ」と「メジロ」も混ざっていました。
エナガだけを追ってしまって、二種についてはいずれまた



************************************

鳥モード全開の中

気になる鳴き声が水場奥の林縁から聞こえてきました。

ヒヨドリやアオジなどの鳴き声、そして上空の飛行機の音
に混じって、時々 キュロ・キュロ・キュロ と響きます。



ヤマアカガエル(多分))の鳴き声で~す

この時期初めて聞きました。
そろそろ冬眠に入り、真冬に一度目覚めて交尾、産卵を済ませ
その後再び春まで眠りに付くという不思議な生態のカエルです。

一月末には、運が良ければ産卵を見ることが出来ることでしょう。

(10/28 . 29 . 31  &  11/1 . 2日 観音崎) (トリミングあり)






[PR]
by pastel24c | 2018-11-03 23:50 | | Comments(0)