2018年 07月 10日 ( 1 )

ヤンマの母さん ヤブ に マルタン (2)


昨日の続き、嬉しい誤算です。

ヤブヤンマの産卵を観察後、次なる目的、マルタンヤンマにも会えればと
言うことで、過去実績からすると時期尚早、ダメモト覚悟でMFへ移動

例年の池には1頭の雌が産卵に・・・ラッキー



「 マルタンヤンマ 」

b0363649_00160521.jpg


産卵場所探し、よく飛び回りサービス満点でした。

b0363649_00161479.gif



b0363649_12461700.gif



b0363649_00162965.gif


そして産卵場所に着止
すぐさま産卵にかかります。

b0363649_12475052.gif


リスク管理なのでしょうか?
産卵場所もいろいろ

b0363649_00165095.jpg



b0363649_00165883.jpg


腹部を目いっぱい水中に入れることもあります。

b0363649_00171075.jpg


腹端を動かしながら、長い時は一分以上産卵を続けます。

b0363649_00172878.gif


思い切りのピンボケ2コマですが・・・

b0363649_00204764.gif

ここでも、負けん気の強いオオシオカラトンボが
マルタンヤンマを邪魔者扱いすることがあります。

前出のヤブヤンマと異なり、この母さんはちょっと池を離れたと思ったら
オオシオカラトンボの隙を見てすぐに戻って来ては産卵に励んでいました。



両種とも産卵はそれなりに貴重で、来季へのメッセージにもなり嬉しいのですが
この両種に限っては♂♀セットで見たいというのが本音、♂の超ブルーの複眼に
憧れます。今回も♀の産卵の水場の近くの樹上でぶら下がって休憩していないか
入念にチェックしましたが、首が疲れただけでこの日はあえなく終了。
♀が産卵に来るということは、どこかに♂がいるはずなのですが・・・それとも
単為生殖ですかね(冗笑)。

以下、自己の記録として振り返ってみました。
b0363649_00205818.png

ピークはまだこれから・・・頑張って(笑)
今季、♂ の欄を で塗りつぶしたいものです。
(9日 観音崎) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2018-07-10 23:59 | トンボ | Comments(2)