アレチハナガサ にて(2)


アレチハナガサを訪れた ハラアカヤドリハキリバチ 以外の虫たちです


「 ルリモンハナバチ 」

b0363649_22351685.jpg

このエリア & この花では初めての出会いでした。
それもMF観音崎、先日の浮気先でのキバナコスモス
とは別の趣きがありました。

b0363649_22352707.jpg



b0363649_22353448.jpg



b0363649_22354451.jpg



「 ツルガハキリバチ ? 」

b0363649_22550290.jpg



b0363649_22551730.jpg

同定、自信がありませんが上が♀、下が♂かな・・・とも
〇〇〇ハキリバチと言う名前の仲間が何種かいます。
よく似ており、いつも撮っては見たものの、悩まされます。

ハキリバチの得意技? イナバウワー(笑)

b0363649_22552534.jpg



「 クロアナバチ 」

b0363649_22553418.jpg



b0363649_22554260.jpg

久しぶりの出会いのような気がします。
成虫は花蜜を吸いますが、キリギリスの仲間などを狩り幼虫の餌にする
とのこと。今度はそんな狩りバチとしての生態を撮ってみたいものです。

地味な身なりですが、お顔は灰白色の白粉で化粧をしています。

b0363649_22555342.jpg



「 ヒメハラナガツチバチ 」

b0363649_22580512.jpg

今回はこのワンカットだけでしたが
これから キンケハラナガツチバチ と共に
種々な場所で見る事が出来るでしょう



そして、チョウたちにも人気がありました。

「 キタキチョウ 」

b0363649_22583445.jpg



「 ヤマトシジミ 」

b0363649_22584804.jpg



「 イチモンジセセリ 」

b0363649_22590039.jpg



「 ベニシジミ 」

b0363649_22591740.jpg

あらあら、ここにも出たがり屋のルリモンが(笑)




アレチハナガサ、帰化植物として定着が確認されてから60年程
とのこと。帰化植物としては新参者と言ったところでしょうか。

外来種として毛嫌いする方もいると思いますが、今回は さまさま でした。


ちなみにどんな花言葉なのだろうと思って調べたところ二つありました。

ひとつは “ 芯が強い ” (少しの風でも揺れるが折れない)
確かに良く揺れ、ピンボケ、フレームアウトも量産しました。

もう一つ “ こころを奪われる ” と言うのもありました。
やってきた虫たちもそうでしょうが、それに夢中になって
レンズを向けた筆者も こころ奪われ ました。
(23日 観音崎) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24c | 2018-08-26 23:55 | 虫たち | Comments(0)
<< 萩にて アオスジハナバチ アレチハナガサ にて(1) >>