暑かったですネ


暑かったですネ

今日は、用事がてら三浦を回ってみました。

この暑さ、「 アゲハ 」 も喉が渇いたのでしょう。

b0363649_00435158.jpg

黒系アゲハやアオスジアゲハ、またルリシジミなどの吸水行動は何度か
見かけたことは有りますが、アゲハの吸水行動を見たのは初めてでした。

写真を見てちょっと気が付いたのですが・・・
後翅に隠れて前翅がほとんど見えません。これは、暑さ対策のために
陽に当たる表面積を最小限にしているのかも知れませんね。

出来れば、吸水と同時に腹端から排水をしていないか等々、色々撮り
たかったのですが、手すり越しの上から目線、遠目で残念でした。

参考までに、チョウの吸水行動については、二説あるようです。
ひとつは暑いときによく見られることから体温調節の為、もう一つは♂に
多いことから、♂の身体に必要な栄養成分補給ではないかとのことです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日の狙いは、チョウトンボ に コフキトンボのオビトンボ型
でしたが、どちらにも会うことは出来ませんでした。

そんな中、二カ所で遊んでくれたのが 「 ウチワヤンマ 」 でした。

小松が池 にて

b0363649_00435934.jpg


「 コシアキトンボ 」 との ツーショット も
b0363649_00440654.jpg


轡堰 にて

b0363649_00441306.jpg


目的の オビトンボ型 ではありませんが 「 コフキトンボ 」 との
ツーショット も撮れました。これはこれで嬉しかったです。

b0363649_00442215.gif



b0363649_00443035.jpg

・・・二種の間に、ヤゴの抜け殻がひとつ

ところで、背景の緑は何だか分かりますか?
水面を覆う植物プランクトン、通称 “ 青粉 ” の大量発生によるものです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、三浦散策時はついつい寄りたくなってしまう
「 イカルチドリ の ポイント 」 があります。

この対岸の人の入れない荒地で繁殖しているのではとも思っています。
そんな仮説を確かめたくて向かったのですが・・・

手前に一羽
b0363649_00443695.jpg


10mほど離れたところに3羽、らしきが居ることはいたのですが・・・
b0363649_00444534.jpg

ひいき目に見ても 9割がた 「 コチドリ 」 だと思います・・・
すぐに飛ばれてしまい、はっきりとした画像が撮れなかった奥の3羽は
やや大きく感じたことなどから、もしかしてがのこりました。

b0363649_00445500.jpg

4羽の飛び去りですが、翼帯 などが確認出来れば少しは
はっきり出来たのですが宿題が残ってしまいました。

(14日 市内 [轡堰] & 三浦市 [小松が池・初声] にて)
(トリミングあり)



仕上げは、今横須賀で一番の人気のハスカワスポットに寄ってみました。
3時過ぎなのに、大勢のCMがいました。割り込む隙もなく、みな登場待ちの
様子、筆者集中力も低下していたのですぐに引き上げることに。

賑やかしに 前日に撮った一枚です。
b0363649_00450925.jpg



この暑い中、用事がなければ三浦の方まで出掛けなかったのですが
先日、お寺から父の37回忌のハガキが来ていました。
いい年をして、仏のことには疎く33回忌のあとは50回忌だと思っていたのと
昨年母の7回忌をやったばかりだったので、父には悪いけど今回は家内と二人法事
と言うことで、ほんの気持ちをお寺さんに包んで、お墓前りだけで済ませました。
でも供養はしなければと言うことで、初声にある時々行くお店で、豪華(笑)昼食
を食べ、スタミナをつけさせていただきました。
それにしても、暑い一日でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~ 庭先 に サナギ ~

自宅に帰り、足元を見ると庭先に 「 アゲハ の サナギ 」 が落ちていました。
どうしたのか? ははさておき、紙とセロテープで緊急ベットを作り

b0363649_00502314.jpg

その中に入れてあげました。

そして、空きケースの中に貼りつけ、病室が完成
風で飛ばぬよう石を入れ、庭先に置き様子を見る事にしました

b0363649_00503548.jpg

近々に、羽化のニュースを伝えられればいいのですが・・・
(14日 自宅にて)





[PR]
by pastel24c | 2018-07-14 23:59 | トンボ | Comments(0)
<< 暑かったですネ その2 極小の ハチ と アブ >>