極小の ハチ と アブ


常用の300mmでは限界もあり、見て見ぬふりをして
あまり撮らないようにしているのですが・・・ついつい(笑)

そんな在庫から、体長5mmほどの小さな小さな ハチ と アブ になります



① 「 キンケハラボソコマユバチ (近似) 」

b0363649_23321481.jpg


葉上と葉裏に一頭づつ、確認出来ました。

b0363649_23322373.jpg

(二頭同一画角はこの一枚だけでした)



虫眼鏡の世界と言っても良いのでしょう、肉眼ではほとんど細部に
ついては分かりません。モニターを拡大して見て初めて、小さな中
にも必要なパーツが、整然と組み込まれていることに気が付きます。

b0363649_23323244.jpg


b0363649_23324027.jpg


b0363649_23324813.jpg


b0363649_23325954.jpg

眼があり、口があり、触角があり、当たり前のことですが・・・
繊細な配置、 よくぞまぁ・・・それは驚きにも値します。


特にこのハチ、胸部と腹部を繋ぐ細いパーツ(矢印)

b0363649_23330941.jpg

体長から換算して見ると0.2mmφ程度でしょうか?
こんなに細いパイプ状のもので繋がっているのかと思うと
創造の神のみがなせる技、神秘の世界すら感じます。




② 「 キアシマメヒラタアブ (多分)」

b0363649_23362710.jpg


仲良しカップル、ハニームーン ❤ フライト 微笑ましいです。

b0363649_23363702.jpg


b0363649_23364457.jpg


b0363649_23370235.jpg

以前、記事にしたヒメヒラタアブ  も小さかったのですが
それよりもさらに小さなアブです。
小さい割には、眼の大きさだけが目立ちます。

♂は小さな♀を見つけるために、♀はいい寄る♂を見極めるために
この大きな眼が役に立っているのかなぁ?



今季に撮った、小さな虫の代表になった二種でした。

①は初見です。 
②は数回見たことがあると思いますがフライトは初めてでした。

小さな虫を撮るときは、ピントはまぐれを期待し、とにかく枚数だけはたくさん撮ります。
今回も各々100枚ほど撮りました。思い切りのトリミングで贅沢を言えばきりがあり
ませんが、なんとか数枚にまぐれが来てよかったです。
何枚撮ろうが現像代はただ、デジカメの成せる技ですね。

両種共写真だけでは、またWEB上の探索だけでは同定は難しく、自信もなく
(近似)や(多分)を付けさせてもらいました・

データ
① 6/29日 観音崎
② 5/27日 市内 [YRP周辺]





[PR]
by pastel24c | 2018-07-12 23:53 | 虫たち | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2018-07-13 21:49
こんな極小の虫さんを、300mmで!?
私なら90mm以外考えられません^^;
集中力も途絶えがちなこの真夏に、、
素晴らしい(*´∇`*)
ハチさん、食べて消化されたものがこの細い部分を
通ってゆくのでしょうか。
そのくらい細かく消化されないといけないということ・・・?
不思議いっぱい。
ヒメヒラタアブより小さなアブもいるのですね!
それの交尾飛翔といったら、目にも入らないかも><
ほんと複眼がやけに大きいですね!
しめじを連想しちゃいました。
やはり羽ばたいているのは♂の方ですね。
Commented by pastel24c at 2018-07-13 23:55
Sippo様
90mmで決まった時は、また別の世界ですが・・・
包丁一本♪ではありませんが、遠くの鳥から近くの虫まで300mmは重宝です。
90や50mmも持ってはいるのですが、付替えるのが億劫で・・・
この300mm最短距離が1.5m、林縁で動き回る虫たちに接する距離感や
少々の風や手持ちによる機敏な対応等々、小生に合っているのかもしれません。

ハチには寸胴タイプとウエストが絞られたタイプがいて、そのウエストの長さも
長短まちまちですね、このハチの食事のことは良く分かりませんが、ウエストが
やはり絞られているアシナガバチは幼虫の餌として、イモムシなどを狩りますが
親は消化できないので食することは無く、代わりに幼虫の出す分泌物を舐める旨
の記載を以前読んだ記憶があります。何らかの流動食を摂っているのでしょう。
小生的には飛ぶために如何に軽くするかを追求した結果、こんなウエストになった
のかなぁとも思っています。

確かに空飛ぶシメジのようですね。
何のために♂は♀と一体になったままホバリングを続けるのでしょうね? たまたま
かも知れませんが、ヒメヒラタアブの交尾飛行と比べると、♀に対して優しい掴み方
をしているようにも見えました。
TV優先モードのためISO6400、トリミングするとそれなりですが、まぁ
良いかと言うことに・・・(笑)
いつもご訪問ありがとうございます。
<< 暑かったですネ ヤンマの母さん ヤブ に... >>