秋日和 オシドリ ・ タゲリ


一昨日の秋日和 ドライブを兼ね、家内と恒例のオシドリ(県北西部)
タゲリ(県央)と欲張ってみました。


「オシドリ」

遠くの対岸の陸地に番らしきを一組見つける事は見つけたのですが・・・・

歯が立たず、カワセミ二羽が一緒の画角に入ったのが一枚、せめてもの慰め

b0363649_21501649.jpg

とは言え、今季の初見、最初で最後になるかも知れませんので
思いきりトリミング(ほぼ等倍)

b0363649_21502325.jpg


湖面に浮かんでくれると、遠くても少しはごまかしのきく写真が撮れるのにと
思い、湖面を眺めつつ、途中買ってきた丹沢では有名なアンパンなどを食べな
がら一時間以上粘ってみましたが、動く気配もなく根負け。

そんな中、湖面に浮かんでいた、「マガモ」と「カイツブリ」です
両種には失礼ですが、これがオシドリだったらなぁと思いつつ・・・

b0363649_21503297.jpg



b0363649_21504026.jpg


もう少し、緑色の湖面を想像していたのですが
この日の湖面は透明度に欠け乳白色でした。

ちょっと悔しい想いはありましたが、もう少し寒くなったらもう一度
今日にところは、諦めも肝心と言い聞かせ、次なるタゲりを求めて
県央へ向かうことに




「タゲり」

実はこの田んぼ、9月に2回、タマシギやエリマキシギ狙いで訪れたのですが
ボウズの連続、今季はあまり相性が良くなく、いつになく弱気な車中でしたが
「タゲり」は、そんな筆者の不安をよそに、待っていてくれました(ホッ)

b0363649_21504974.jpg



b0363649_21510037.jpg


とりあえずの2枚、残りは次回にて・・・




~ そして、帰りがけに 思いがけないシーンに ~


「モズの速贄(はやにえ)」

モズは捕食した餌を、木枝などに刺してすぐに食べずに飛び去ってしまう
ことが有ります。これを はやにえ と言いますが、過去にモズの仕業と
思われる干乾びたカエルなどを見たことがありますが・・・

今回は、そんな現場に初めて遭遇しました。

以下、時系列にて

(14時48分03秒)
b0363649_21510809.jpg

30cm程の紐状のものを咥えて、ネットフェンスの上に止りました。


(14時48分04秒)
b0363649_21511726.jpg

なにやら、獲物をゴソゴソ

名前は特定できませんが、小さなヘビのようです。
b0363649_21512766.jpg


(14時48分09秒)
b0363649_21513602.jpg

どうやらフェンスに獲物の括り付けも終わった様子
誰かに見られていなかったよナァという感じで周囲を覗い飛び去りました。

この行為、一説には保存食にするという説がありますが、真の目的は定かでは無い
ようです。せっかく仕留めた命なので保管場所を忘れずに完食してほしいものですね
(6日 オシドリ:宮ケ瀬周辺 ・ タゲリ:平塚) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24c | 2017-11-08 23:56 | | Comments(2)
Commented by あるばとろす at 2017-11-10 09:52 x
タゲリはまだみたことがありません。ヨーロッパではお皿の柄などでよく描かれる美しい鳥ですね。一般の人にあまり知られていないのが残念です。
Commented by pastel24c at 2017-11-11 00:19
あるばとろす 様
県内でタゲリが見れることを知り、2年前に訪ねて以来、毎年1~2度訪ねるよう
になりました。 最初見時ほどのインパクトは低下しているとはいえ、役目を終え
た殺風景な田んぼへの賓客には、失われつつある日本の原風景のようなものを感じ
今では楽しみな歳時記のひとつになっています。
昔は三浦半島でも見られたとのことですが、らしき田畑など近くを通る度にチャック
をして見るものの縁もなく、また他の方の情報もなく残念です。
後継者などに悩む都会のこの田んぼ群がいつまでも継承されてほしいのと同時に
地元、三浦半島でもいつの日か会えることを願っています。
写真は毎年同じようなものばかりで変わり映えしませんが、これが一番なのですね
いつもご訪問ありがとうございます。
<< ぼくは オバケの T太郎 (タゲリ) 宿題 二つ >>