花と昆虫 (花の国にて・2)



b0363649_11111528.jpg


「 ホシホウジャク 」

b0363649_11112236.gif



b0363649_11355695.jpg



「 ヒメクロホウジャク 」

b0363649_11113844.gif



b0363649_11361170.jpg



「 オオスカシバ 」

b0363649_11115368.gif



b0363649_11363485.jpg

各々の拡大した写真を見ると、このオオスカシバだけは吸蜜時に前脚を花に添えます。
前出の二種に比べると、体格にややずっしり感があるのがその要因でしょうか?
それとも、前脚を使うことにより、省エネ・ホバリングを考え付いたのでしょうか?

前脚を使うなんて、パン食い競争だったら反則ですよね(笑)
やはり、前脚を使わない方がスマートかつ精悍ですね


b0363649_11121767.jpg

口吻はチョウ、翅はハチ、そして胴体は空飛ぶエビフライ(笑)
飛行上手な不思議な蛾たちですよね。

唯一、蛾に見える時がありますが、今季はまだ見ていません。
それはステルス戦闘機のような格好で止っている時なのですが・・・


さて、三種の個性的な蛾の後でインパクトに欠けますが
この時期よく見掛ける「シロオビノメイガ」

b0363649_11364504.jpg


筆者にとっては、撮るものが無く困った時のホウジャクですが、これまで
一日で二種まではありますが、御三家を同時に目にしたのは初めてでした。
(9/24日 市内 [久里浜花の国] にて) (トリミングあり)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

― 番 外 編 ―


「 オオキンカメムシ 」

b0363649_11153694.jpg



b0363649_11154700.jpg

上の写真のキバナコスモス絡みは やらせ です


実は、まさかの出会い なんと自宅の庭のお客様!!
それはそれは驚きでした。見つけた時の写真です。

b0363649_11155731.jpg

どうやら後翅が上手く畳めないように見えました

先日、自宅にルリモンハナバチなどが来るといいなぁなどと思い一本
100円でキバナコスモスを三本買ってきて植えて見ました。
記念撮影、地べたより花上がと思いつまんでその上に乗せて見ました。

どうして、こんなところに来たのでしょうね? いたのでしょうね?
以前アップした羽化場所からは直線で10kmほどです。

オオキンカメムシはかなり長い距離(マーキング観察では海を越え
130kmと言う記録等)を移動することは知られていますので
この程度は一っ跳びだと思うので 居ても不思議ではないのですが

羽化場所以外で見たのはMFで一回、今回が二回目になります。

翅に損傷があるように見えましたが、一時間程後に見に行ったときは
周囲に姿はありませんでした。

三浦半島では、筆者は未観察ですが城ケ島に集団越冬をするポイントがある
ようです。無事に仲間と一緒にこれから来る冬を乗り切ってほしいものです。
(9日 自宅にて) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24c | 2017-10-17 23:58 | 虫たち | Comments(0)
<< 遠くで オオミズナギドリ 花と昆虫 (花の国にて・1) >>