波打ち際の トウネン


今日は ミユビシギ 目当てで、三浦海岸の砂浜を歩いて見ました。

諦めかけていた矢先に、らしきが・・・
波に合わせて行ったり来たり、感じは ミユビシギ だったのですが
脚指をよく見ると ミユビ(三指)の他に後趾がありました。
と言うことは、またしても 「 トウネン 」 です。



先日は岩礁でしたが、今回は 「 波打ち際のトウネン 」
と言うことで、気持ち新たに(笑)

最初に 「 ウミネコ 」 と一緒だと、こんな感じです

b0363649_01483443.jpg


b0363649_01484319.jpg


5羽が一緒に行動していました

b0363649_01485009.jpg



b0363649_01485712.jpg

トウネンの引き立て役で、ウミネコにはすまない感じ、いつか君をセンターに



見どころの 波に合わせて行ったり来たりですが

5羽だけだと、どうにも迫力に欠けます。

b0363649_01490425.jpg



b0363649_01491229.jpg



砂の中に嘴を差し込み、何をつまみ食いしているのでしょうね?

b0363649_01491988.jpg



b0363649_01492724.jpg


ほんの数ミリのものが、嘴の先端についていました

b0363649_01493570.jpg

次の一コマ、拡大して見ました。
b0363649_01494428.jpg

ナメクジ状に見えますが、何かの幼虫?
それにしてもよく見付けるものですね!
つまみ食い成功の確率はどの程度なのでしょう?
腹いっぱいになるまでは、大変な事のように見えました。



四六時中、採餌が主で、この日の唯一のパフォーマンスの水浴びです。

b0363649_01550109.gif



こちらがじっとしていると、あちらから近付いてくることもあります。
イソシギ などと比べると、結構フレンドリーです。

b0363649_01551292.jpg

先日MFで会った個体と比べると、喉部の帯状がはっきりしている様にも
見え、全体的な羽織の感じからハンドブックの 「 成長 夏羽(8月頃) 」
のイラストに最も近いように感じました。


b0363649_01552231.jpg




過去にミユビシギやシロチドリの群れに一羽紛れ込んでいる記憶程度の
トウネンでしたが、今季はトウネンのあたり年でしょうか? 
オンシーズンを過ぎ、平日は時間に関係なく駐車場代は400円ぽっきり
秋と海、ミユビシギやシロチドリにも会いにまた出掛けて見よう
(5日 三浦にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2017-09-05 23:59 | | Comments(2)
Commented by あるばとろす at 2017-09-06 23:17 x
pastelさん こんばんは~!トウネン、三浦海岸にいたのですね。三浦半島は東も西も南も鳥がみれるからいいですね~。ウミネコと比べるとその可憐さが引き立ちますね!波と戯れる様子5羽でも分かりますよ。きれいな写真をありがとうございます。
Commented by pastel24c at 2017-09-07 07:44
あるばとろす 様
どちらかと言うと子供の頃より慣れ親しんだ東京湾側で一種でも多くの
旅鳥や冬鳥を見られることは嬉しいものです。
シギの中では最も小さな部類で、言葉で説明するより、ウミネコと一緒
だと、より可愛さが際立つ写真になり良かったです。
昨年の同地でミユビシギ50羽ほどによる波打ち際パフォーマンスの
イメージが強く、物足りなさを感じてしまいました。贅沢というもの
ボウズにならなかっただけでもヨシとしなければいけませんね(反省)
いつもご訪問ありがとうございます。
<< パーフェクト な 抜け殻 スズメバチ と 団子 >>