トウネン 自由自在


なんて参考書もありましたね (古ウっ)
と思い、ちょっと調べて見たら今でもあるようですね。息の長い参考書ですね



一昨日、久しぶりにMF観音崎の海辺(礒)を覗いて見ました。
二学期も始まり、磯遊びの家族連れもなく、また釣り人もいなかったこともあり
筆者独り占め、その磯で 「 トウネン 」 (注) との自由自在の時を過ごしました。

b0363649_02142297.jpg


最初に見つけた、単独行動の二羽です

b0363649_02143025.jpg


近付き過ぎたかな  優しく睨まれてしまいました

b0363649_02143761.gif



b0363649_02144611.jpg


レンズを気にすることもなく羽繕い、可愛かったです

b0363649_02150137.jpg



b0363649_00361020.gif



b0363649_00362418.gif


真っ白な腹部が印象的でした。
日々のお手入れ、大変なのでしょうね(笑)
b0363649_00363445.gif


採餌も盛んにしておりました。

b0363649_02150899.jpg



b0363649_02151538.jpg



b0363649_02152536.jpg



b0363649_02163325.jpg

何を食べているのでしょうね?


その二羽ですが、一度だけ同一画角に入ったと思ったら、先にいた居た
一羽が脅かされたようで、すぐに離れてしまいました。

b0363649_02182639.jpg


今度は、イソシギ(左側)が近くにやって来たと思ったら
すかさず飛び立ちました。この一羽、争いが嫌いなようです。

b0363649_02184063.jpg


こちらは、少し離れ岩礁で終始、一緒に行動していた2羽です。

レンズを横目で見ながら、ひそひそ話

b0363649_02445870.jpg

おじさん ホッ

採餌も一緒

b0363649_02185915.jpg


とても仲良し、一羽が他の岩礁に移ると、すぐに追いかけてゆきます

b0363649_02190930.jpg



さて、ニュースでははるか遠くの海上に15号、そんなことで
もう少し荒れているかとおもいましたが、比較的穏やかでした。

それでも、忘れた頃に大きな波が打ち寄せます

危機一髪・・・波への咄嗟の反応は一流です
この日のお気に入りの2コマになりました

b0363649_02191995.gif




ポートレートタッチ、羽繕い、採餌、飛び出しなどパフォーマンスを見せてくれました
欲を言うと、あと水浴びを披露してくれるとパーフェクトでしたが ( 欲張り筆者 )

先日、相模湾側で燃焼不足に終わり、いずれまたのトウネンでしたが、こんなに早く
いずれまたが現実になりました。それも近くの礒で・・・

過去に東京湾側では三浦で一度確認していますが、一番身近なMF観音崎での初観察が
出来たことは喜びです。

年二回の移動時に羽を休めに立ち寄る旅鳥たち、次の立ち寄り先は、そして最終目的地
は何処なのでしょうね? 旅鳥は夢がありますね

(注)
いつものことですが、同定迷ってしまいました。
イソシギとの写真では同じ程度の大きさに見え、トウネンにしては少々大き過ぎと思い
ミユビシギの可能性もありましたが、脚趾を確認できる写真は全て後趾が見られたこと
から、一応 「 トウネン 」 と言うことにしました。 ↓ 後趾(下の写真の〇印)
b0363649_02193001.jpg

4個体がおりましたが、それぞれ肩羽や雨覆、胸側などが微妙に異なっていましたが、成鳥の
ほぼ冬羽と、幼鳥から第一回冬羽への換羽途中ではないかと思っています。

また、図鑑によると脚の黒い小型のシギ類には、ヨーロッパトウネン・ヒレアシトウネン
ヒメハマシギなどがおりどれも非常によく似ており、その可能性も否定は出来ず、同定は
難しいですね。

余談ですが漢字で書くと「当年」、今年生まれた赤子のように小さい鳥ということからついた
名前とのこと。あまりピンときませんね

同定などは主に“ 文一のシギ・チドリ類ハンドブック(氏原巨雄・道昭 著) ” を
参考にしていますが “ シギ・チドリ自由自在 ” と言う参考書は無いのかなぁ(笑)




夏を惜しむかのように、名残りの入道雲が湧きあがっていました。

b0363649_02194280.jpg

(8/30日 観音崎) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2017-09-01 23:59 | | Comments(2)
Commented by あるばとろす at 2017-09-04 23:41 x
pastelさん こんばんは~!冨浦でトウネンが出たと聞きましたが、私が行った時はいませんでした。かわいさはミユビシギとそっくりですね。ミユビシギが大好きなので、トウネンも会ったらきっとファンになりそうです。たくさんの種類がいる干潟より、こうして静かにいるシギをじっくり見るのも楽しいですね。
Commented by pastel24c at 2017-09-05 07:43
あるばとろす 様
海辺や田んぼで旅鳥たちの第一陣の噂が賑やかな季節になりましたね。
羽休めの滞在は長短まちまちで、出会いは運次第だけに会えると嬉しいです。
当地では同じ個体群かは分かりませんがミユビシギは比較的長居をしてくれますが
トウネンをこんなにゆっくりと観察できたのは初めてでした。
この磯は、同一目線で撮影できるのは嬉しいのですが、旅鳥たちに会う機会は少ない
ことが残念なところです。今回は他のCMもいなく、逃げられたら自己責任と言うこ
とで岩陰に隠れながらぎりぎりまで近づくことが出来ました。ラッキーでした。
こんな小さな体で、どこまで行くのでしょうね? 元気に最終目的地まで旅をして
ほしいものです。
ミユビシギ、波に合わせて行ったり来たりの採餌行動は見ていて飽きませんね。
もう少し経つと白さが増し、より可愛くなることでしょう。
近いうちに換羽途中のミユビシギにも会えればいいなぁと思っています。
いつもご訪問ありがとうございます
<< スズメバチ と 団子 ピンボケもまた嬉し オニヤンマ >>