鳥糞を吸うチョウ


チョウのアップ、久しぶりのような気がします。


先日、「 チャバネセセリ 」 の “ 吸い戻し(注1) ” 行動を見ました。

b0363649_23143840.jpg


綺麗な鳥糞ですね(笑)

b0363649_23144845.jpg


b0363649_23145613.jpg

(注1)
セセリチョウやタテハチョウの仲間で、乾いた鳥の糞や果実に止まり、腹端から水滴を
出して獣糞などに含まれる成分を溶解させた液体を吸う行為を「吸い戻し行動」と言い
どのような成分(栄養素)の補給なのかその生態的な意味は良くわかっていないようです


この行為 MFでは、過去に同種のチョウで一回、キマダラセセリで一回見ただけ
でしたが、なんとこの日は少し離れた場所で別個体も同様な行為をしていました。

こちらは、鳥糞らしくてイイデスネ(笑)

b0363649_23150554.jpg



b0363649_23151850.jpg

一日に立て続けに二個体が、こんなこともあるのですね

それにつけても・・・
今回、枚数はたくさん撮ったのに、腹端からの水滴を垂らしている写真が一枚もあり
ませんでした。 能書きばかりで、百聞は一見を掲示出来ないのが残念です(汗)


この吸い戻し、自らの排出物を乾燥した獣糞に垂らし、水気を含ませ吸いやすい
状態にすることをよく考え付いたものだと感心させられます!! 
と同時に、自然界に生きる小さな昆虫たちの高度な知恵のひとつなのでしょう。



この日は、チョウだけでなく、「 カメムシ(オオモンシロナガカメムシ) 」 も
葉上に付いた鳥糞に盛んに口吻を伸ばしていました

b0363649_23154476.jpg


さて、フィールド回りの帰りに、鳥糞が車のフロントについていることは良くあります。
簡単に落ちないこともあり、筆者は頭にくることが度々ありますが、この糞を生きる糧に
している昆虫たちが居ることも事実、自然のサイクルの中で無駄なものは無いのですね。
(12日 観音崎) (トリミングあり)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は7月に撮った在庫整理を兼ねて、吸水するチョウたちです

① 「 ナガサキアゲハ 」

b0363649_23532700.gif

体格が大きいだけあって、10分ほど夢中で吸水していました。
ゆっくり撮らしてくれる時は、こんな時ぐらいです(笑)


② 「 ウラギンシジミ 」

b0363649_23162620.jpg

ウラギンシジミは、泥地より水草の上からの吸水が好きなように思います。


③ 「 アカボシゴマダラ 」

b0363649_23163678.jpg

危なっかしい姿勢ですね。よく見ると口吻の先端は池の水ではなく、岩肌でした。


データ
① 7/14日 ② 7/31日 ③ 7/24日 
観音崎にて (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2017-08-17 23:56 | チョウ | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2017-08-19 22:06
いろんなところから、栄養摂取しているんですね!
こうしてみると、本当に「無駄」って無いんだなあって
思います。
人間くらいかな、無駄ばかり放出しているのは。
自然界に生きる全ての生物は
何一つ無駄を出さないように
無意識に、上手く回っているような気さえします。
Commented by pastel24c at 2017-08-20 21:39
Sippo 様
このチョウたち、最初はこびりついた糞の中から栄養素の吸い込みに苦労
していたのでしょう。そして試行錯誤のうえ考え付いたのが、“吸い戻し”
と言う方法だとすると、道具こそ使いませんが、その思考は理論的かつ合理的
で驚きに値します。
糞と言うとイメージ的にひいてしまいますが、一部の昆虫たちにとっては
大切な栄養源になる事があるのですね。今ではJAS法で禁止されていま
すが、人類も畑の隅には肥溜めなるものがあり、リサイクルしていた時代
もあったのですよね。後味の悪いREコメにてスミマセン(謝)
いつもご訪問ありがとうございます。
<< オオキンカメムシ の 抜け殻 オオキンカメムシ 観察記録 2017 >>