清流 に ミヤマカワトンボ


夏はやっぱり、足元に冷たい清流、そして渓流沿いを吹き抜ける爽やかな風の中
ひと時の暑さを忘れ、「 ミヤマカワトンボ 」 と戯れるのは最高の楽しみです。

車でなければ、川底に沈めた缶ビール 美味しいだろうなぁ~ なんて

b0363649_23452685.jpg

そんな感じを撮ってみたのですが、水の中 本当はもっときれいでした。
そして主役のミヤマカワトンボが一頭、石上に写ってはいるのですが・・・(笑)


その主役たちです。

清流に落ち着いた色合いの翅が良く似合います。

♂です
b0363649_23453639.jpg



b0363649_23454571.jpg



b0363649_23455579.jpg

腹部が青緑に輝きます。この金属光沢は個体差、また光加減により異なります。



♀です
b0363649_23460342.jpg



b0363649_23461262.jpg



b0363649_23462013.jpg

♂のような腹部の派手さはありませんが、燻したような色合いが良いですね。
そして、翅に白い縁紋が♀の証、分かりやすくて助かります(笑)


そして翅脈、先のミヤマアカネと比べると、より繊細で神秘的です。
b0363649_23462938.jpg


欲張り筆者、交尾態や産卵などを期待したのですが、そう都合よく
出会えるものではありませんね。


そんな中、唯一のパフォーマンス、♀の着地の2コマです(笑)

b0363649_23464142.gif

撮影時には気が付きませんでしたが
着地の先には、イトトンボ型のヤゴでしょうか?



このトンボの産卵方法は特異で水中に潜って、川底の木などに卵を産み付けます。
もしそんなシーンに出会えたらと思い、膝までの長靴とおもちゃ程度の防水デジカメ
を持参しました。結果、長靴と防水カメラの出番はTOPの写真どまりでした(笑)

せっかく持って行った長靴でしたが、水の中でしゃがみこんだりしているうちに
長靴の中に水が入り、お尻も水に浸かるはで、涼を満喫してしまいました(笑)


アオバト ・ ミヤマアカネ ・ ミヤマカワトンボ と
昔の場末の映画館ではないですが、3本立てが楽しめた夏の一日でした






~ 番外編 ~

小川で二人の子供(小学生高学年くらい)が網を使い川底をさらっていました。

ちょっとバケツの中を覗かせてもらいました。

b0363649_23524933.jpg

これはゲンゴロウ?

子供たちから 「 シマゲンゴロウ 」 という答えが返ってきました

帰宅後、調べて見たところ、環境省カテゴリー準絶滅危惧(NT)
神奈川県では絶滅危惧ⅠB類に指定されている貴重なゲンゴロウ!!

この日の一番のサプライズになりました


もう一つのバケツの中にも一匹、そして サワガニらしきも
b0363649_23531344.jpg

大小の ヤゴ もいました。大きいのは オニヤンマ でしょうか?
b0363649_23532432.jpg

水生昆虫、丸っきりの素人ですが、面白そうな世界ですね。
いやいや難しい世界、足を突っ込まない方が無難ですね(笑)
(7/28日 県北西部 にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2017-08-01 23:58 | トンボ | Comments(0)
<< カメムシの幼虫 たち 水田 に ミヤマアカネ >>