梅雨の晴れ間の拙庭にて


梅雨空にしては、日中は安定した天気になりました。
MFでもひと回りと思っただけで・・・
蒸し暑さに、脳とは裏腹に手足が反応してくれず。



そんな中、庭先に一頭のムラサキの舞が目に入りました。

急ぎ、カメラ持ってくると、幸いにも「アジサイ」の葉上に止ってくれました。 

b0363649_23380761.jpg

「ムラサキツバメ」でした。
b0363649_23381522.jpg



次に目についたのは、笹の葉上の、「ヤマトシジミ」
暫くじっとしていましたが、翅は開いてくれず・・・
b0363649_23382310.jpg



さて、どう言う訳か今季はまだアゲハの写真が一枚も撮れていません。
(出会いも少ないです)

そんな中、もしかして・・・アゲハの幼虫がいるかもしれないと思い
「サンショウ」と「キンカン」をチェックして見ました。

筆者が気が付かなかっただけで、どちらの木にも
いつの間にか産卵に来ていたのですね

先ずは「サンショウ」

b0363649_23383154.jpg

卵を見つけました。
全部で三個確認出来ました

次に2~3mm程の1齢幼虫も三頭見かけました。
b0363649_23384218.jpg

ここでの一番大きい子は10mm程(3齢程度)が二頭いました。
b0363649_23385018.jpg



つぎに、「キンカン」に眼をやると

20mm程の4齢幼虫と思われるのが一頭いました。
b0363649_23385955.jpg

久しぶりに怒った(警戒)時に出す角(臭角)を見たくて、たまたま家内が
近くに居たのでツンツンしてもらいました。 やらせになります(謝)
b0363649_23391219.jpg

高い枝周りは確認できませんでしたが、この4齢の他に
目視できる範囲に3齢幼虫が5頭ほどいました。


緑色の終齢幼虫は確認できませんでしたが、卵から4齢まで様々な過程の
幼虫がいたということは、筆者の知らない間に何度か産卵に来ていたのですね。


暫く観察していると、「セグロアシナガバチ」がパトロールにやって来ました。
b0363649_23391917.jpg

すぐ近くの葉上に止ったり、幼虫にとっては一大事、
b0363649_23392683.jpg

ハチは、葉の隙間や奥に入り込み執拗に何かを探していましたが、この幼虫たちを
イモムシ団子にすることもなく、また筆者のレンズが気になったのでしょうか? 
やがて、事件を起こすことなく飛び去りました。

幼虫、筆者に見つけられて、ハチに見つけられないなんてことはないはず
(まさか、鳥糞擬態に騙されて気が付かないということはないですよね?)
今回、イモムシ団子にして持ち帰る他に、なにか目的があったのでしょうか?
それとも、食べごろの緑色になる時期を脳裏に記録して引き上げたのでしょうか?

ともあれ、幼虫たちに被害はありませんでした。

ハチの他にはスズメやメジロなども時々徘徊しています。 そんな中で
今までの経験から無事にサナギになれる幼虫は一割ぐらいでしょう。


そして、先日は自宅裏で「ツマグロヒョウモン」のサナギを見つけました
食草のパンジーのあるところから6m程離れていました。
結構遠くまで移動し、サナギになるものですね。
b0363649_23495052.jpg

上の写真は20日撮影時のものです。
このサナギ特有の金属光沢の突起がはっきりしていました。

今日確認したところ、突起は色褪せ既に抜け殻状態です。
b0363649_23495916.jpg

このツマグロヒョウモンは羽化時には真っ赤な羽化液を出しますが
下部やその付近には痕跡がありませんでした。
やや心配は残りますが、無事に大空に飛び立ったことでしょう




未だ、アゲハの成蝶の写真は撮れていないのに、その予備軍を先に撮ることになりました。
それはそれでヨシと言うことに・・・

TOPの写真には「ササグモ」が9枚目には「テントウムシ」も写っていました。
ネコの額ほどの小さな庭ですが、色々な事があるものですね。
(29日 自宅にて) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24c | 2017-06-29 23:57 | チョウ | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2017-06-30 21:31
お庭でも様々なドラマが展開されているようですね!
ハチはたぶん、この幼虫さんが終齢になる頃を図って
いたのかもしれません。
我が家の庭でもそんな様子でした。
で、終齢になると一気に、、
ツマグロヒョウモンのさなぎってこんななんですね。
私、まだ見たことないです。
Commented by pastel24c at 2017-07-01 07:22
Sippo 様
冗談半分でのつもりで脳裏にメモ云々などと書きましたが、まんざら信憑性が
無い訳でもないようですね。4齢に比べ見た目も終齢は美味しそうですよね。
自ら食べることはないようですが、幼虫への餌探しにハチも必死のようでした。
昔は、アゲハ・ツマグロヒョウモン共にゲージの中で飼育観察したこともあり
ました。 アゲハの孵化時の最初の食事、今まで入っていた自分の抜け殻を
ゆっくりと食べる様には感動しました。最近は昔ほどの観察気力もなく、自然
の中での成長過程を時々、確認出来ればと思っております。自然の厳しさの中
一頭でもいいので拙庭で育った幼虫が飛び立ってくれると嬉しいのですが・・・
いつもご訪問ありがとうございます
<< 撮りっぱなしの ムシヒキアブ たち 撮りっぱなしの テントウムシ たち >>