撮りっぱなしの テントウムシ たち


見た記録と忘備録を兼ね
「 テントウムシ 」 たちの在庫整理です。



① 「 ヒメカメノコテントウ 」 (4mm)

小型のテントウムシですが、小さな背中の模様は
市松模様のような個体が多く、手が込んでいます。

・ 個体A (170620・A)
b0363649_01301570.jpg

・ 個体B (170528・C)
b0363649_01302294.jpg

・ 個体C (170531・A)
b0363649_01302986.jpg

肉食性で主にアブラムス類を食べます
・ 個体D (170609・A)
b0363649_01303553.jpg

ナミテントウの色や紋様は様々なことは良く知られていますが
このテントウムシにも、同種とは思えないシンプルな背中の個体もいます。
上の4個体は亀甲型ですが、市松模様ではなく背すじ型と言う個体もいます。

・ 交尾態 亀甲型♂ & 亀甲型♀ (170616・A)
b0363649_01304104.jpg

・ 交尾態 亀甲型♂ & 背すじ型♀ (170625・B10)
b0363649_01304980.jpg

・ 交尾態 背すじ型♂(2紋型) & 亀甲型♀ (170619・A)
b0363649_01305577.jpg

今までは個別でしか見たことはなく、本当に同じ種だろうかと思っておりました。
いつかは交尾態を撮りたいと思っていた願望が叶い、同種であることを納得
まさに、百聞は一見でした。

それにしても今季はヒメカメノコテントウには良く会いました
おかげで、今回の目玉商品(笑)になりました。



白渋病菌類を食べる変わったテントウムシたちです。

② 「 シロホシテントウ 」 (4mm) (170619・A)
b0363649_02302061.jpg


b0363649_01310318.jpg



③ 「 ムーアシロホシテントウ 」 (5mm) (170620・A)
b0363649_01311113.jpg


b0363649_02402547.jpg



④ 「 キイロテントウ 」 (5mm) (170511・A) & (170620・A)
b0363649_01343332.jpg


b0363649_01344667.jpg



草食系のテントウムシたちです

⑤ 「 ニジュウヤホシテントウ 」 (7mm) (170605・B06)
b0363649_01345570.jpg



⑥ 「 トホシテントウ 」  (8mm) (170616・A)
b0363649_01350523.jpg



肉食系のテントウムシたちです。

⑦ 「 ダンダラテントウ 」 (6mm) (170528・C)
b0363649_01351577.jpg



⑧ 「 ナミテントウ 」 (8mm) (170620・A) & (170620・A)
b0363649_01352600.jpg


b0363649_01353733.jpg



⑨ 「 ナナホシテントウ 」 (8mm) (170609・A)
b0363649_01354744.jpg



⑩ 「 ナミテントウの蛹 」 (170508・A)
b0363649_01355830.jpg

羽化を期待し、暫く見ていたのですが一向に状況変わらず根気負け(笑)



尚、種名の後の( )内は、(参考体長 約 mm) (撮影年月日・場所記号)です。
場所記号 A : 観音崎
       B : 横須賀市
       C : 三浦市(小松が池)
英文字の後の数字は詳細場所ですが、筆者のメモと言うことで。




[PR]
by pastel24c | 2017-06-28 23:59 | 虫たち | Comments(0)
<< 梅雨の晴れ間の拙庭にて ハグロトンボ 健在 >>