スプリング・エフェメラルたち 2017 (1)


一年間でこの時期だけに現れては、来春までそっと姿を消す花や昆虫たち
そんな住認たちを、人はスプリング・エフェメラル(春の儚い命・春の妖精)
と呼称し、毎春の再会と同時に、春の来た喜びに魅かれます。

そんな住認たちに会いたくて、今季も県内のポイントを訪ねて見ました。



 ~~~  「ギフチョウ」 編  ~~~


最初に立ち寄った峠のポイントにて

通り過ぎる4~5頭を確認、目追いするとそのうちの2頭が下草に止った気配
そっと近付き、レンズを向ける。

会えてよかったとばかりに最初の数カットを撮影・・・

気になる露出補正など、モニターを確認している隙に動きがありました。
一頭が近くの笹の枯れ枝に止ったかと思ったら、もう一頭が・・・
b0363649_23485617.jpg

すわ! 交尾と思った瞬間
繋がる事もなく (腹部の毛並の状態から♂同士のようにも) すぐに飛び去りました。
ほんの一瞬の出来事に、モニター確認していた事を悔やんだ筆者・・・
結局ここでは30分ほど費やしましたが、上記の1カットの他、下草にへばり
付いた数カット(写真省略)の撮影に終わりました。


次に向かう先での保証もなく、まぁ撮れたからいいやと言うことで、恒例の
次ポイントへ・・・


今季は昨年と比べ1週間ほど遅かったにもかかわらず、梅の花も残っていたり
期待のマメザクラは少しだけ花を付けていました。

登山道の入口付近から奥の方へと探索しましたが、一向に気配はなく、気温は
暖かいものの、曇り空に時折吹く強い風、そんな中で暫くマメザクラの付近で
待つも、一向に埒が明かず諦めかけていた矢先・・・

梅林の方から “ こちらにいますよ ” と
神の声

以下時系列で

これから始まる大サービスの最初の一枚です (13:36分)
b0363649_23490908.jpg


やがて、晴れ間が見え隠れする梅林の上の方を飛び回り始めました (13:40)
b0363649_23491749.jpg


ギャラリーは茨城から来られたという神の声を下さった方と筆者と家内

近くに降りてきてと願う三人、そんな想いが届いたのか目上の梅花に (13:41)
b0363649_23492518.jpg


先日、ビロードツリアブのお尻を撮ってから
すっかりお尻フェチになってしまいました(苦笑)
b0363649_10130903.jpg

腹部の感じから♂でしょう
右下には小さなクモ、こちらも活動を始めたようです。


やがて小川を隔てた反対側の草地へ、必死に後を追う筆者

最初に止ったフキノトウ (13:44)
b0363649_23493213.jpg


スミレで吸蜜を始めました(13:44)
b0363649_23494170.jpg


そして休憩 (13:50)
b0363649_23495046.jpg


休憩しては低く飛びまわり (13:53)
b0363649_23495775.jpg


何度となく、そんな行動を繰り返しいましたが・・・
やがて待望のマメザクラ(多分)に絡んでくれました(14:01)
b0363649_23501063.jpg



b0363649_23501929.jpg


暫しの吸蜜を終え、マメザクラのすぐ下のタネツケバナで食後のひと休み (14:08)
b0363649_23570504.jpg


満腹のチョウの重みで(冗笑)、茎が撓み、風による揺れ加減が何とも言えず
お気に入りの一枚になりました
b0363649_23571688.jpg


白くてふかふかした立派な毛並みが印象的でした。
b0363649_23572724.jpg
この後、再び草地に戻り、やがて山の斜面に消えてゆきました。



横須賀は微雨、家を出る時には躊躇していましたが、ダメモトどころか
一頭だけでしたが、30分余のサービスを受け、今季も楽しませてもらい
大満足と言う嬉しい結果に・・・
その一頭と、神の声を下さった方のおかげ ありがとうございました。
(7日 県内 [相模原市緑区] にて) (トリミングあり)


この他のエフェメラルと呼ばれる住認たちにも会いました。
整理次第、次回(2)ではミヤマセセリやスギタニルリシジミなど
(3)では山野草のアップの予定です。





[PR]
by pastel24c | 2017-04-08 23:59 | チョウ | Comments(4)
Commented by mikiosu at 2017-04-09 15:03
こんにちは。
ギフチョウの花どまりが撮れて良かったですね!
自分ももうちょっと粘れば良かったのでしょうが、仕方ありません。それにしても今季はちょっと遅いですね。発生ピークはまだまだこれからなのでしょうか…。
Commented by pastel24c at 2017-04-09 18:56
みき 様
ご無沙汰しておりました。まさか、お会い出来るとは思いませんでした!
みき様は3度目ぐらいですよね。初訪問、それも午後からの小生に妖精は微笑んで
くれたようで・・・ 一連の花どまり、いつもの他力本願でしたが運がありました。
もしかしたら、まだ登山口あたりにおられるかと思いましたが・・・
生き物相手、本当にちょっとしたタイミングですね。
皆さまの情報を確認するも、麓周りでは今季は個体数もまだ少ないようですね。
これからがピークでもう暫く楽しめるのでしょうか?気になるところですネ
いつもご訪問ありがとうございます。
Commented by ibatyou at 2017-04-12 18:33
こんばんは。
当日ご一緒させていただきましたibatyouと申します。
午後晴れてからは二人で独占状態でとても楽しく撮影できました。山野草も綺麗に撮られていてとても参考になりました。勝手ながらリンクを貼らせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

Commented by pastel24c at 2017-04-12 19:30
ibatyou 様
その節は、神の声 ありがとうございました。
諦めかけていただけに、嬉し楽しの時を過ごせたこと感謝です。
それにしても、サービス精神旺盛な個体でしたね。

自己紹介を兼ねて、貴ブログへお礼のコメをと試みましたが、コメ欄が見つからず。
そんなことでこの場にて、以下、私事になります。
さめ易い性格のわりには、なぜか写真だけは10年以上続いております。
どこの写真倶楽部にも入らず、一人勝手が性に合っているのかも知れません。
主に自然を相手にしていると、すべてが「たまたま」ですが、その中で感動の出会い
があるのが嬉しいです。
年金生活も板につき、全額をもらえるようになりもう4年が経過しました(笑)

貴ブログ拝見させて頂きました(全部は見切れませんが)
観察力もさることながら、環境写真を添える手法もいいですね。
また、小生未見の種も多く、遠征を含めた精力的なご活躍が伺えました。

リンクの件、恐縮です。
当方、わけあって無リンクなのでお許しください。

コメわざわざありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いします
<< スプリング・エフェメラルたち ... お行儀のよい ツバメシジミ など >>