シジミチョウ 2態


「ツバメシジミ」

最近、嬉しい出会いがありました・・・と言っても
ローカルな嬉しさで、大騒ぎするほどではありませんが

b0363649_21355221.jpg

MFにて「ツバメシジミ」に今季初めて会いました。

b0363649_21360655.jpg



b0363649_21361318.jpg

市内では、春にも、またつい先日も見かけましたが、MFでは意外と
ハードルの高いチョウです


MFではススキの穂に絡んでくれましたが、花絡みはありませんでした。
下記は、先日(2日)、浮気先(湘南村)で見かけたイヌダテ(アカマンマ)
絡みの「ツバメシジミ」です

b0363649_21362277.jpg



b0363649_21362948.jpg



b0363649_21363783.jpg



「ヤマトシジミ」

さて、最もポピュラーな「ヤマトシジミ」ですが、こちらもなかなか花に
止まってくれません。この日唯一、ヌマツルギクの葉上にて

b0363649_21364439.jpg


この時期、よく翅を開き、サービスしてくれます。

b0363649_21365219.jpg



b0363649_21394074.jpg


そして珍しく、目線に止まってくれました。

b0363649_21394881.jpg



b0363649_21395788.jpg

にらめっこ(笑) 正面顔、思いきりトリミング
b0363649_21400606.jpg

純白のストール と 触角のストライブ がおしゃれです。

いつも元気なこのチョウですが、夕方だったからでしょうか、いやな顔一つしないで
良いモデルを務めてくれました(笑)


交尾態も見かけました。

b0363649_21401835.jpg

このカップルの子供たち、もう一化するのでしょうか? それとも幼虫で冬を越し
来春に元気な姿を見せてくれるのでしょうか?

この時期見かける越冬出来ないチョウたちの交尾態、春への想いを託し産卵後
姿を消すのかと思うと愛おしく感じます。

シジミチョウの御三家、「ルリシジミ」の写真もあればよいのですが、春先は
たくさんいましたが、この秋はほとんど見かけません。
と言うことで、2態と言うことに・・・
(14日 観音崎) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2016-10-19 23:49 | チョウ | Comments(0)
<< ミユビシギ 三昧 オオミズナギドリ 追記訂正 >>