セセリ2態 ~ ギンイチ & ミヤマ ~


何となく「ギンイチモンジセセリ」と「ミヤマチャバネセセリ」
に会いたくて県境の河川敷まで出掛けて見ました。

結果、両者に会うことが出来ましたが・・・
カット数も少なく、写真整理に労を掛けるほどでもなく(笑)

「ギンイチモンジセセリ」

b0363649_22350702.jpg


b0363649_22552130.jpg



b0363649_22552882.jpg



b0363649_22553468.jpg


b0363649_22554218.jpg

目の前を通り過ぎるのは10回ほど見かけたのですが、止まってくれたのは
上記の3個体のみでした。
もちろん飛躍もチャレンジして見ましたが為す術もなく。
ラスト、止った状態での半開きですが表翅も撮れたので・・・まぁいいか



「ミヤマチャバネセセリ」

アオスジアゲハの後ろでちょこんと水分補給
b0363649_22354187.jpg

最初に見つけた個体で、飛んでは近くに止り、暫く楽しませてくれました。
b0363649_22554994.jpg


b0363649_22555696.jpg

この後、2個体に花とまりのチャンスをもらったのですが・・・
もう少し、らしく撮ってやりたかった。
b0363649_22560213.jpg



b0363649_22561161.jpg

目的のセセリ2種、何とかの5枚ずつでした。
上記の他には、ルリシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ、モンキチョウ
などを見かけました。

また、ヒメウラナミジャノメがたくさんいました。そう言えば、今回の
セセリ2種の食草(ススキなど)と一部共通しているのですよね。

あぁ、地元にもススキ類はたくさんあるのに、何でヒメウラナミジャノメ
しかいないのだろう(笑)


昨年はこの時期選挙の手伝いなどが入って行けなかったこともあり
2年ぶりの訪問になりました。
前回データを見たところ、27日で2日ほど早めの決行でした。

現地の状況、また見かけた個体数ともほぼ同じでしたが、前回写真と比べると
ワンチャンスを活かす機敏性と集中力の衰え、それに加え前回は初見の感動の
なかでの丁寧さもあったように思った次第です。

交通費は片道1200円ほどなので返り討ち覚悟でもう一度行けばいいのでしょうが
電車の乗り換え4回、所用時間約2時間、たまに乗る電車、そして人混み結構疲れます(笑)
来季に機会があればと思っております。
(25日 県境にて) (トリミングあり)





[PR]
by pastel24c | 2016-04-25 23:49 | チョウ | Comments(0)
<< 言い訳だらけの ムナグロ 他 キンラン と カワトンボ >>