セイタカシギ (静 編)


b0363649_23250629.jpg



b0363649_23251373.jpg

メイン道路から少し脇道の入ると、水田や蓮田が広がり
ちょっとした田園の風情の中、佇む姿がが良く似合います


動編では長~い脚、が印象的でしたが・・・

もう一つの魅力は抜群のスタイルに

b0363649_23252135.jpg



b0363649_23252909.jpg



b0363649_23253669.jpg



b0363649_23254320.jpg



b0363649_23255046.jpg


ルビーのような瞳です

b0363649_23260128.jpg



b0363649_23261806.jpg


以前も取り上げましたが、その頭部から目元にかけては
真白なものから、灰色や黒味を帯びたものまで様々です。

どうしても、写真映えのする、真白な個体と後述の個体の
写真が多いなか、ほんの一部ですが参考まで・・・

b0363649_23262952.jpg

一週間ほど通うと、頭部の違いから個体の識別も出来るようになり
愛称をつけて見守る事も出来るともっと楽しいかも知れませんね


そんな中、ちょっと気になる、後頭部からうなじの黒模様・・・

「 オーストラリアセイタカシギ 」 の特徴 (注) に似た個体

b0363649_23285106.jpg

開いた翼を見ると灰褐色味が強く、次列風切先端が
白いので、成鳥では無く、第一回冬羽のようです?

以下、色々な角度より
b0363649_23290506.jpg



(注) 「文一総合出版 シギ・チドリ類ハンドブックより」
   亜種オーストラリアセイタカシギは、雄成鳥では顔が白くて
   後頸がくっきりと黒く、この黒色部の羽毛が逆立つ。

( 後頸部の黒色部だけを見るとやや逆立っているように見えましたが
顔(頭頂部)の白色が微妙で、やや灰色まだらもあり、セイタカシギの
個体差の確率が高いように思いました ・ 筆者の所感 )



難しいことはさておき
   
「 ツバメ 」 と一緒
b0363649_23291603.jpg


「 バン 」 と一緒
b0363649_23293091.jpg



時折、水面を吹き抜ける強い風・・・

b0363649_23294247.jpg

・・・昔の映画でこんなワンシーンがあったような(笑)



個体数ですが、同時に6羽まで見る事が出来ました。
エリア全体では10羽以上はいるのではないかと・・・

昨年と比べ、蓮田エリアでは同程度の感じでしたが、ここから1km程
離れた水田エリアでは今季は見掛けなかったのがちょっと気になりました。

また、筆者の気が付いた抱卵中の巣は三か所ありました。
国内でのセイタカシギの繁殖地として今年も健在で何よりでした。

6月初めにもう一度行きたいと思っています。
元気な雛に会えることを願いつつ・・・
(16日 千葉にて) (トリミングあり)

[PR]
# by pastel24c | 2018-05-21 23:59 | | Comments(2)

市内のゼフィルス 第2弾 ウラナミアカシジミ


市内のゼフィルス 第2弾 の
「 ウラナミアカシジミ 」 です。

b0363649_00104414.jpg



b0363649_00105221.jpg

遠目だったこともあり、格好良く撮ってあげることは出来ませんでしたが
先日のアカシジミに続き、市内での嬉しい二種目になりました。


昨年の実績と比べると少々早いのですが、MF観音崎でアカシジミを
見て以来、ゼフィルス動向が気になり、散策の主目的になっています。

そんなことで、今日はオオミドリ・アカ・ウラナミアカシジミと三種の
実績のある市内のポイント(衣笠山)を訪ねて見ました。

昨年よりは25日ほど早いのは承知の上でしたが
ポイントの栗の木の状態は

b0363649_00110002.jpg

慌てるなでした(笑)

でも、まるっきりのボウズでなくてよかったです。

この後、もう一か所のポイント(沢山池)を回ってみましたが鳴かず飛ばずでした。

ちょっと寂しいので・・・

ここでの目玉商品の 「 フタスジモンカゲロウ 」 を一枚

b0363649_00111019.jpg

いずれ、特集をと思っている魅惑的な昆虫です。


ウラナミアカシジミ、次回はもう少し格好よく撮りたいと思いますが
こればかりは生き物相手どうなることやら・・・
(20日 市内 [衣笠山&沢山] にて) (トリミングあり)




[PR]
# by pastel24c | 2018-05-20 23:59 | チョウ | Comments(2)

セイタカシギ (動 編)


先ずは、飛躍など動きあるものを集めて見ました。

能書きはサボタージュ(笑)

b0363649_23421695.jpg



b0363649_23422565.jpg



b0363649_23423103.jpg



b0363649_23423916.jpg



b0363649_23424757.gif


チャームポイントの細くて長~い 脚
一直線に伸ばしたり、思い切り曲げたり
時には邪魔そうに見えなくもなく。


b0363649_00093944.jpg



b0363649_23431869.jpg



b0363649_23432620.jpg



b0363649_23433587.jpg



b0363649_23434669.jpg


シギ類は足の長いのが多いのですが、脛の部分が特に長いですね。
人間では膝(鳥の場合は踵)にあたる関節が前に曲がるのですね。
抱卵時などの正座は膝が後向きの逆正座、少し違和感があります。


b0363649_23435651.jpg



b0363649_23442029.jpg


(16日 千葉にて) (トリミングあり)





[PR]
# by pastel24c | 2018-05-19 23:52 | | Comments(0)

アカスジ 2態


タイトル、何だか分かりませんよね

今日のMFから、そろそろ会えるかなぁと思っていた
名前に “ アカスジ ” のつく、カメムシ 二種 に会いました。


最初に出会ったこの子

b0363649_02070260.jpg



b0363649_02070954.jpg

滑稽な模様の5齢幼虫、あと一回脱皮すると・・・


かの有名な 「 アカスジキンカメムシ 」 の成虫に変身

b0363649_02071728.jpg

それにしても、幼虫から成虫への変身ぶりは見事ですね。

b0363649_02072570.jpg



b0363649_02505001.jpg



b0363649_02505972.jpg


お尻を失礼
b0363649_02074726.jpg


そして、Jewelry 細工の裏側です。
b0363649_02075648.jpg

毎年一度は見たいカメムシです。幼虫を見かけることは多いのですが
成虫となると、年に1回見る事が出来ればヨシと言うことになります。
幼虫より成虫の方が出会いの確率が低いということは、自然界では
当たり前のことかも知れませんね。

ちょっと場所は離れていましたが、終齢幼虫と成虫を一緒に見れて
ブログ・ストーリーが出来ました(笑)



そして、幸運なことにストーリーは続きます(再笑)

次に出会ったのカメムシ、上の名前から “ キン ” を消すと
イタリアの名門 ACミラン のユニホーム(笑)

b0363649_02114065.jpg

「 アカスジカメムシ 」 です

b0363649_02114923.jpg



b0363649_02115688.jpg


花壇に咲くセリ科のヤブジラミ系(多分園芸種のオルラヤ・グランディフローラ)
の花で毎年見かけます。例年ですとサッカーの1チームが出来る程度の個体数を
見かけるのですが、この日は写真の交尾態しか見つかりませんでした。

昨年と比べ、10日以上早いのでこれから増えてくるのでしょうか?
まぁ、個体数の少ないなか、♂と♀が1頭づついたということで
異性に巡り合えた、彼らにとっても、めでたしめでたし・・・
(18日 観音崎) (トリミングあり)



偶然が重なる事ってあるんですね、そんなことでセイタカシギは後回し





[PR]
# by pastel24c | 2018-05-18 23:59 | 虫たち | Comments(0)

オオヨシキリ



b0363649_01490996.jpg

風に揺れる葦の奥から、絶え間なく響き渡る元気な声

時にはうるさくも感じ

明日の朝、喉が痛くならないのでしょうかね(笑)

b0363649_01492092.jpg

待ち構えるも、なかなか姿を見せてくれませんが・・・
それでも何回かチャンスをくれた 「 オオヨシキリ 」

b0363649_01492736.gif


やはり、杭の上は風に揺れることもなく良いよね
b0363649_01493680.jpg


穂かぶり ですが、この日のお気に入りの一枚になりました。
b0363649_01494620.jpg


セイタカシギの副産物(失礼)になりますが、揺れ動く葦、その奥に止ったり等々
副産物としては、ハードルの高い被写体でした(言い訳)

但し、撮影枚数も50枚程と少なく
セイタカシギ と比べると、写真整理も容易でした(苦笑)




そんな 騒がしい葦原 を背景に元気に飛び回る

b0363649_08425810.jpg

「 セイタカシギ 」 に今季も会うことが出来ました(ホッ)

b0363649_08430860.jpg



ホームグランド となる蓮田も

b0363649_09033905.jpg

そのまま残ってました。

b0363649_01500399.jpg




そして

チャームポイントの赤くて長い脚を上げて挨拶されました。
b0363649_01501200.gif

こちらも宜しくと言うことで、たくさん撮らせていただきました。
・・・そんなことで、只今、写真整理中
(16日 千葉にて) (トリミングあり)




[PR]
# by pastel24c | 2018-05-17 23:59 | | Comments(0)

赤い目玉 と 黄色い目玉!


暑く、風の強い一日でした。
今日は、千葉のセイタカシギの営巣地が気になり様子見に行きました。
行きと帰りに、途中と言うこともあり追浜の干潟を覗いて見ました。


帰りに覗いた時、この時期にしては少々驚いた

タイトルの光景が・・・

b0363649_03102898.jpg

赤い目玉 = 「 ハジロカイツブリ 」
黄色い目玉 = 「 スズガモ 」

b0363649_03103838.jpg



b0363649_03104567.jpg

どちらも冬鳥と言う分類です。
ほとんどの仲間が帰省の途についたというのに、如何したのでしょうね?

b0363649_03105446.jpg

具合が悪い様には見えませんでした。
往復切符の片券、無くしてしまったのかな(笑)
それとも、サボタージュ(失礼)



~ さて、時間を巻き戻し ~

朝の干潟の様子です。

この日は大潮で、干潮が11:30分
立ち寄り時は8時頃、干潟が出来初めていました。

そんな干潟で三種のシギチを見つけました
b0363649_03110233.jpg


その内訳は

「 ハマシギ 」 一羽
b0363649_03111286.jpg



b0363649_13230915.jpg


ほーら、欲張ると喉につかせるよ
最初のを食べてから、ゆっくりお食べ
b0363649_12420306.jpg


かなり高度なストレッチを披露
b0363649_03112875.jpg




「 メダイチドリ 」 二羽
b0363649_12421316.jpg



b0363649_13005788.jpg



b0363649_03115717.jpg


ゴカイ?をGETしたかと思ったら、急にもう一頭を追い払うかのような行動に
b0363649_12422411.jpg



上述2種が一緒に

メダイチドリはハマシギに比べ嘴が短いので深い潮溜まりは苦手です。
b0363649_03180505.jpg



嘴が短い分・・・目はデカイですね
b0363649_03181701.jpg


そして最近ブログの常連
「 キアシシギ 」それぞれが単独行動でしたが5~6羽いました。
b0363649_03182941.jpg

相変わらず、カニ獲るのが上手ですね。


ここは、道路の上から入り江を覗き込むため、上から目線になりますが
その分、この日は水鏡や水模様を楽しむことが出来ました。
朝の30分ほどで、撮りたかったハマシギ夏羽に会えラッキーでした。
(16日 市内 [追浜] にて) (トリミングあり)




~ そしてアクアラインへ ~

途中、海ホタルでトイレとおやつタイム
遠くの波打ち際に・・・

b0363649_03185175.jpg

「 ウミネコ 」 と 右端は 「 オオセグロカモメの若? 」
そして、手前に小さな ? が一羽



b0363649_03190717.jpg

「 キョウジョシギ 」 は、分かるのですが・・・はて(笑)


海上にオオミズナギドリなどを期待したものの鳥影なし

海ほたるを後に強風にハンドルを取られそうになるなか、木更津へ
セイタカシギ、今季も元気にしていました。次回にでも




[PR]
# by pastel24c | 2018-05-16 23:59 | | Comments(2)

走水海岸にて シギ三種


昨日は雲天、在庫整理でもと思いましたが
近くのプライベートビーチ(走水海岸)を覗いて見ました。


先日は見当たらなかった
「 チュウシャクシギ 」 が一羽

b0363649_01180838.gif



b0363649_01320051.jpg



b0363649_01320729.jpg



b0363649_01183433.jpg



b0363649_01184205.jpg



「 キアシシギ 」 も一羽

b0363649_01193309.jpg



b0363649_01194131.jpg


イソガニ獲った
b0363649_01195351.gif



b0363649_01200182.jpg


この キアシシギ、頭部が オバQ みたいでした。
b0363649_01201877.jpg

拡大して見ても、釣り針とかではないようでした。
元気に採餌していたので、問題ないとは思いますが



そして 「 キョウジョシギ 」

b0363649_01202995.jpg



b0363649_01203953.jpg



b0363649_01204980.jpg

先日は静止物をたくさん載せたので、この日は飛躍を狙ってみました。



おまけの複合写真です。

b0363649_01230271.jpg



b0363649_01231698.jpg



b0363649_01233058.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう少し海の色がと、今日も同時刻に覗いて見ましたが・・・

岩礁に 「アオサギ 」 が一羽

b0363649_01234499.jpg


久しぶりの 「 ミサゴ 」 を彼方に見かけただけでした。

b0363649_01235773.jpg

そんなものですね



今年も、走水海岸でも旅の途中の三種のシギに会うことが出来
良かった、楽しかったということに・・・
(13&14日 走水海岸にて) (トリミングあり)



[PR]
# by pastel24c | 2018-05-14 23:59 | | Comments(0)

MFのゼフィルス第一弾 アカシジミ


昨日、今季のゼフィルス(注)第一弾 「 アカシジミ 」 に遭遇。

b0363649_23152175.jpg



b0363649_23152933.jpg



b0363649_23153783.jpg



b0363649_23154459.jpg

まだ、羽化して間もない様子、少し飛んではすぐ止まり
下草や眼線で何度かサービスしてくれました。

b0363649_23155283.jpg

足元と触角、黒と白の縞模様で合わせ、お洒落です

b0363649_23160368.jpg


もうすぐゼフィルスの季節だなぁと思っていた矢先のこと。
こんなに早く第一弾に会えるなんて思ってもいませんでした。嬉しい誤算
それも、昨年見た場所から直線で300m程離れたノーマークのエリアでした。


ゼフィルスの中でも、アカシジミ自体は特に珍しい種ではありませんが
市内で、そしてMF観音崎での出会いは価値があり格別です。

一種も見られなかった年もあったり、昨年は アカシジミ・ウラナミアカシジミ
ミズイロオナガシジミ・ミドリシジミ(観音崎4種)オオミドリシジミ(市内)
と絶好調な年もあったりです。
今年はどうなるのか・・・昨年良かっただけにプレッシャーのかかる散策に
成りそうです(笑)
(11日 観音崎) (トリミングあり)

今日は市内の別のポイントが気になり出向いてみましたが、ゼフィルスは×でしたが
会いたかった フタスジモンカゲロウ や オオヤマカワゲラ などに会うことが出来ました。
今年は草花や虫たちの出現がとても早いように感じます。


(注) チョウの好きな方は、ゼフィルスの季節が今年もやって来たと言うことで
   何ら説明は不用ですが・・・

   普通の方はゼフィルスと言ってもピンとこないと思いますので、能書き少々

   ゼフィルスとはシジミチョウ科ミドリシジミ族の一群に対する俗称です。
   日本には25種、卵で越冬、成虫は種や地域により異なりますが5月中~8月に年
   一回出現、主に樹上を生活のエリアにしています。
   局所的な種も多いなか、平地でも比較的容易にみられる種としては今回のアカシジミ
   をはじめ、ミドリシジミなど6種ほどが良く知られています。

   さて、その語源はと言うとギリシャ神話の ゼフィロス(西風の神) とのこと。

   その語源と俗称ゼフィルスになった経緯、あくまでも [ ] 内、想像の域ですが・・・

   [ 妖精(フェアリー) を生んだケルト文化の中で、ハンノキは妖精の国へ続く道を
   守る木ともされている。このハンノキを食樹としているミドリシジミが西風に舞い
   妖精の国へ向かう姿から、ミドリシジミを、そしてその仲間(族)たちの一群に
   その名が付いたのかも知れませんね。真偽のほどはともかくロマンチックな称号を
   付けてもらったチョウたちですね ]

[PR]
# by pastel24c | 2018-05-12 23:54 | チョウ | Comments(0)

小さなクレーン車 オトシブミ


エゴノキが花を付けていました。

b0363649_23441806.jpg

花より気になる

b0363649_23442699.jpg

丸められた葉っぱが数カ所に

葉っぱを丸めた主を探してみました。

居た居た・・・
「 エゴツルクビオトシブミ 」

b0363649_23443474.jpg

体長7mm程のトリッキーな容姿

そして、産卵のための ” 揺りかご(揺籃)” 作りに励む ♀
( ♂ と比べ ♀ は首がやや短いようです )

b0363649_23444243.gif



b0363649_23445371.gif

手順通りなのでしょうが、筆者には試行錯誤しているように見えました。

葉っぱを折り曲げる6本の筋肉隆々の逞しい太もも
このためだったのですね(納得)

本来ですと、揺りかご作成手順を写真で載せられると良かったのですが
思いどうりには進行せず。位置関係も悪かったりで筆者の根気負け


近くの葉上で ♂ も見かけました。
♀ と比べよりトリッキーですね

b0363649_23451228.jpg


暫くし、先程の葉に目をやると
黒い塊が3個に増えていました。

b0363649_23452299.jpg

よく見ると、一番下の黒い塊
どうやらカップリングの最中でした。

b0363649_23454621.jpg

カップリング中も ♀ は動き回り “ 揺りかご ” 作りをしているようでした。

他の2頭は紛争戦に負けたのでしょうか?邪魔することもなく
あきらめが肝心とばかりに葉上の方へ移動をはじめました。

b0363649_23455783.jpg


そして、すこし絵になるサービスをしてくれたのですが
小さすぎ、薄暗くやや逆光、腕ついて行かず。目いっぱいの補正画像に・・・

b0363649_23501676.jpg

昆虫界の小さな小さな クレーン車 のようでした。


下の写真、今にも飛び出しそうでしたので・・・

b0363649_23502713.jpg

ファインダー越しにシャッターボタンに指を置いてじっと我慢
結果フレームアウトでした。よくある事ですが・・・
動体視力と運動神経、昔からあまり良くありませんでしたが
歳と共になおさら(苦笑)

一枚だけ、大ピンボケの飛び姿です(汗)
b0363649_23503612.jpg



“ 揺りかご ” 作り、ここでも ♀ は頑張り屋さんでした。

“ 揺りかご ” の中で卵から孵った幼虫は “ 揺りかご ” の葉を食べ大きくなるそうです。
親としては、ひと手間もふた手間もかかる “ 揺りかご ” ですが、食草などの裏側に
産みっぱなしの昆虫と比べると、子供を思いやる高度な技術のように感じました。
(1日 市内 [沢山池周辺] にて) (トリミングあり)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~ 5月の雹(ヒョウ)! ~

昨日はウスバシロチョウとミヤマカワトンボ狙いで、天気予報を無視
県北西部の山間まで出掛けて見ました。
本来ですと今日のアップはそのどちらかでしたのですが(笑)

山道を40分ほど登ると目的地に付きましたが、寒く曇り空
それでも、折角登って来たのだから少し待っていたところポツリポツリ

30分ほどかけ急ぎ下山、車に入った途端に雷と共に大粒の雹が屋根を容赦なく
ノンシャッターに終わるところでしたが、フロントに跳ねる昨日の一枚です(笑)

b0363649_23504773.jpg

天気予報、急変情報は分かっていたのですが、もしかして良い方向に急変するかも
知れないと勝手なプラス思考での実行でしたが、考えが甘すぎました。

一日二日ずらせばよかったのでしょうが、筆者と家内が終日フリーな日は
今週はこの日だったので。
行って駄目ならしょうがないということで諦めが付くというもの
季節外れの雹が見れたことで・・・まぁいいか(負け惜しみ)

ミヤマカワトンボについては、初夏のお天気の良い日にもう一度行って見よう
(10日 南足柄にて)

[PR]
# by pastel24c | 2018-05-11 23:59 | 虫たち | Comments(0)

カニ獲った キョウジョシギ


三浦ではメダイチドリに混ざっていたキョウジョシギ、気が付かずアップは撮ることが
出来ませんでしたが、先日近くの走水海岸にてじっくり観察、穴埋めが出来ました。


「キョウジョシギ」

b0363649_23161671.jpg

波打ち際に、同一画角には全部は入りませんでしたが7羽が・・・

b0363649_23162414.jpg

羽織も様々でした。

?マーク付きですが・・・

夏羽の♂ ?
b0363649_23163266.jpg


夏羽の♀ ?
b0363649_23163910.jpg


冬羽→夏羽への換羽途中 ?
(眼下から喉にかけて黒いので幼羽ではないと思います)
b0363649_23164752.jpg


正面を一枚

b0363649_23165501.jpg


夜更かしが過ぎたかな

b0363649_23170377.jpg

一本足でうとうと・・・器用ですね


そして、採餌に夢中でした。

b0363649_23171182.jpg

キョウジョシギとの出会いは毎年何回かありますが、今まで採餌シーンは
ほとんど無く、今回初めてカニなどを獲るところを観察出来ました。

それも5分ほどの間に数回・・・

イソガニの仲間?
b0363649_23171959.jpg



b0363649_23172853.jpg



こちらはカニの甲羅だけ?
b0363649_23213415.jpg


2コマ遊びです(笑)
b0363649_23214577.gif


さて、名前の由来ですが
羽織を京おんなのお召し物に見立てたことから付いたようです。

b0363649_23335425.jpg


冬羽と比べ夏羽、派手でもなく地味でもなく日本的な風合いのようにも


最初は見当たりませんでしたが、ちょっと先の磯で人影がすると思ったら
筆者の近くに飛んできました。ラッキー・・・人影に感謝
ボートの陰から比較的至近で撮る事が出来ました。



他には

「キアシシギ」が1羽
b0363649_23221907.jpg


沖合に、久しぶりに見かけた「クロサギ」
b0363649_23223292.gif


いつもは鵜やカモメのお休み処ですが、さすがにカモメの姿は見掛けず
寂しくなった休み処には「アオサギ」が1羽佇み
b0363649_23224657.jpg




この日はGWの最終日、家でゆっくりが多かったのでしょうか、また引き潮が
3時頃と言うこともあり、バーベキュウの一団がいましたが、潮干狩りや磯遊びの
方たちも少なく、思ったより静かな海辺でした。
(6日 走水海岸) (トリミングあり)





[PR]
# by pastel24c | 2018-05-09 23:53 | | Comments(2)