痒~い 痒い


あ~ぁ 痒い(笑)

「 オナガガモ 」 (1209・A)

b0363649_22424109.jpg



b0363649_22424972.jpg



b0363649_22425686.jpg

ヨガでも習っているのでしょうか?
それにしても柔らかな身体ですね!!

b0363649_22430551.jpg

ベロ(舌)が写っていました

b0363649_22431390.jpg

真ん中に筋があり、結構分厚く大きなベロですね。
これだけのベロを収納するので、嘴が大きいのですね。



「 ウミアイサ 」 (1206・B22)

b0363649_22432179.jpg



b0363649_22432958.jpg

やや遠くて歯痒い(笑)画像になってしまいました。
嘴と脚で すべての部位をカバーできるのですね。

水鳥の中でも、ウミアイサの痒い痒いポーズは良く見掛けます。
欧米系の顔立ちのご婦人には悪い虫が付きやすいのでしょうか(冗笑)



「 アオサギ 」 (1207・B16)

b0363649_22433744.jpg

大きい体格の割にはアクションはスマートです。



「 ウミウ 」 (1207・B15)

b0363649_22435053.jpg

羽干しだけでは、痒さは収まらないようで・・・


筆者など背中は孫の手が無いと・・・
また、人が冬場に痒くなるのは歳のせいのようですね。
痒~い痒いここまで



「 カンムリカイツブリ 」 (1207・B16)

b0363649_22515968.jpg

パフォーマンスはありませんでしたが、前回より近くで撮れました。



「 イソヒヨドリ 」

b0363649_00065975.jpg

海辺の定番、至近すぎてフレームアウト寸前



以下は今季初撮りと言うことで

「 ハジロカイツブリ 」 が二羽、沖合に (1206・B22)

b0363649_22521176.jpg


「 スズガモ 」 どう言う訳か仲間見当たらず、♀一羽 (1206・C2)

b0363649_22522562.jpg


「 ホシハジロ 」 が岩礁で休憩中 (1209・A)

b0363649_22523568.jpg



海 と 「 カワセミ 」 (1207・B16)

b0363649_22524722.jpg



b0363649_22530029.jpg



b0363649_22531571.jpg

海で見るカワセミ、ちょっと新鮮味がありました。
最近、あちこちの海でも見かける様になりました。
海に池にとすっかり都会の鳥になってしまいましたね。


既に一度はアップしてみたものの、宿題多き タシギ ・ イカルチドリ ・ シノリガモ を目的に
何度か再訪して見ましたが、結果縁がなく。本命不在の中、相手をしてくれた鳥たちでした。


さて、タシギがいつもの水路にいなかったので、他の水路もチェックした見ました。
最近はカメと言うと ミシシッピアカミミガメ ばかりですが、見た目首回りの筋模様
が異なるように感じたので、クサガメ?、もしかして固有種で準危惧種の イシガメ?
帰宅後の楽しみと言うことでパチリ、パチリ・・・ (1206・B21)

b0363649_22533186.jpg



b0363649_22535708.jpg

精査して見たところ、甲羅の模様や突起の感じから
やはり 「 ミシシッピアカミミガメ 」 と言うことに・・・ 残念



~ 頭を雲の上に出し ~ (1206・C2)

b0363649_22573627.jpg



尚、種名等の後の()内は(撮影 月日・場所記号)です。
場所記号 A : 観音崎(走水・鴨居 含む)
       B : 横須賀市
       C : 三浦市
英文字の後の数字は詳細場所ですが、筆者の忘備録メモと言うことで




[PR]
by pastel24c | 2017-12-10 23:59 | | Comments(0)
<< イロハ に エナガ 去りゆく秋に >>