子育てを託すハチたち


野鳥界では托卵(他の鳥の巣に卵を産み落とし、その巣の主に抱卵から
孵化後の給餌までを託す)と言う方法で種を繋ぐカッコウは有名ですが
ハチの世界でも、他の蜂の巣に産卵し、孵化した幼虫はその巣の主(ホスト)
の用意した餌を食べることにより成虫になり種を繋ぐハチがたくさんいます。

子育てを託すハチたちには、外見など注目に値する個性的なハチが多いことも
興味深いです。 そんな強かなハチたちの紹介です。

① 昨年はとうとう会うことが出来なかった
  「ハラアカヤドリハキリバチ」
b0363649_20532776.jpg

  2年ぶりの嬉しい再会になりました。
b0363649_20534726.jpg



b0363649_20535559.jpg



b0363649_20540322.jpg



b0363649_20541172.jpg

  「ハラアカ・ヤドリ・ハキリバチ」
  ・で区切るととても分かりやすいハチです。
  普通は触れられたくないヤドリ(宿り)を入れたところが謙虚な名前です。

  このハチのホストは「オオハキリバチ」とのことですが、ホストの写真は
  揃いませんでした(残念)
  そのうちに追記で載せることが出来ればと思っております。



②a 「ルリモンハナバチ」
   ブログの常連ですが、2頭が一緒に撮れましたので(笑)
b0363649_20553729.jpg

   このハチのホストは「ケブカハナバチ」や「スジボソコシブトハナバチ」
   とのこと。

②b 同定、自信がありませんが、最近撮った写真の中に「スジボソコシブトハナバチ」
   と思われる写真がありましたので参考までに。 (上・下 別個体です)
b0363649_20554530.jpg



b0363649_20555270.jpg



③a  「クロバネセイボウ」
   今季見かけたのは、一度だけ、特集も出来ずに在庫になっていました。
b0363649_20555962.jpg

   余談ですが、セイボウ、英語では “ Cuckoo Waps (カッコウ蜂) ”
   とも呼ばれています。

   小さな東屋の屋根の梁あたりに、ジガバチの造ったと思われる白い巣が
   あり、盛んに様子を覗っていました。 どうやら今は使用していない古巣
   のようで、中に入る事はありませんでした。
b0363649_20560946.jpg

   (ヤマトルリジガバチがホストとのことで、このハチは主に竹筒に営巣する為
   上の写真の巣はエントツドロバチか他のジガバチの巣かも知れません)

③b このハチのホスト「ヤマトルリジガバチ」が一枚ありました。
b0363649_20562452.jpg

   光加減によっては瑠璃色一色で綺麗なハチですが、見かける割には
   いつも餌のクモなどを探している様で、写真に撮るのは難しいです


ホストを頼りに産卵するハチ、業界用語では労働寄生と言います。
寄生するハチと寄生されるハチ双方をイーブンな写真で紹介したいと思い
ますが、寄生するハチの画像が多いのが現状です。

唯一、今季満足の観察できたのが、既アップの 「ハラアカセイボウ」 
そのホストの 「ツチスガリ」 の関係です。

いつも、双方の関係を示す、このような写真が撮れるといいのですが・・・
思いどうりにゆかず(笑)



~ 番外編 ~

④ 「ザウターカギバラバチ?(カギバラバチの一種)」

 
b0363649_20563420.jpg



b0363649_20564490.jpg

  昨年夢中になった一風変わったハチです

  今年も同じオニグルミの葉上で会うことが出来ました。
  出会いは一度だけでしたが、来年に繋がれば・・・

  カギバラバチの仲間も自ら子育てをすることはありません。
  それどころか、非常にユニークな寄生戦略(2次寄生)で種を繋いでいるようです。
  簡単に説明すると、葉上に卵を産み、葉と一緒にその卵を食べたイモムシなどが
  はかのハチに連れ去られ、そのハチの幼虫の餌として運ばれた先の幼虫に寄生し
  成虫になるとの記載がありました。手の込んだ種の存続方法ですね!!


データ
 ①   9/5日 観音崎
 ②a  9/9日 観音崎   ②b 9/10日 市内[衣笠山]
 ③a  6/12日 観音崎   ③b 7/16日 観音崎
 ④   8/3日 観音崎
   (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2016-09-19 23:53 | 虫たち | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2016-09-21 21:11
ハチの世界も奥が深いですね!
セイボウの仲間もいろいろいるのですね。
オオセイボウ以外の子にも出会ってみたいです!
Commented by pastel24c at 2016-09-22 00:14
Sippo 様
ハチの世界も複雑ですね。
狩りが下手とか、寿命が短いとか何らかの事情で自分が育てるより
他のハチに託したほうが種を繋ぐ確率が高いということなのでしょうか?
それとも、ホストと被ホストで互いに出生数をコントロールしているとか?
人間には計り知れない双方の関係があるのかなと考えることもあります。
オオセイボウ、小生未見です。逆にホストのスズバチやトックリバチは
時々見かけるのですが、いつか会いたいと思っています。
またセイボウは人工物での出会いばかりで、花絡みで撮ってみたいです。
それにしても、子育てを託すハチは、容姿も相まって人気がありますね
いつもご訪問ありがとうございます。
<< 台風過ぎて 赤と黒 長月 ・ 長雨 ・ お戯れ >>