近×2 シロエリオオハム


時々フィールドでお会いする方のブログを拝見していたところ
「シロエリオオハム」の画像が目にとまりました。

それも、すぐ近くの漁港で、そして撮影も至近距離でと、近くでと近くが
重なった「シロエリオオハム」です。

この小さな漁港は、自宅からチャリで3分ほど、急いで行ってみました。

あぁ抜けてなくてよかった。まだ居てくれました(嬉)
なんとボート揚げ場兼ワカメ干しの波打ち際のコンクリートのスロープの上で
休んでいました!!
b0363649_23411290.jpg



b0363649_23411925.jpg

CMは筆者のみ、そっと近づき何枚か撮らせてもらいました。
可愛かったです。

さて、「山渓カラー名鑑 日本の野鳥」には冬鳥としての位置づけで、時期は
11月~4月と記載されていました。
この時期はシベリアなどの繁殖地に旅立つのが普通のようです。
なんで、まだ居るのだろう気になるところです。思い浮かぶのは怪我・・・
一点だけ心配になったことがありました。それは陸から海に入るとき、僅か30cm
程ですが歩く感覚ではなくオットセイなどが体を使って移動する感じでした。

その写真です。
b0363649_23412599.jpg


b0363649_23413294.jpg

その時は、衰弱していてそれが原因で北へ帰ることが出来ないのかと思っていましたが
帰宅後気になり、動画サイトを調べたところ、歩くのは苦手のようで同じような動作を
した動画がありました。この件についてはどうやら正常範囲だったようです。

また、泳ぐための水掻きについても特に異常は見られませんでした。
b0363649_23413877.jpg

他の写真を精査して見ましたが、釣り糸などの絡みもなく、泳ぎ、時には潜り、羽ばたき
等々、見た目は普通体のようで、この地に留まっている理由は分かりません。


港内での様子です。

b0363649_23424776.jpg



b0363649_23425368.jpg



b0363649_23430390.jpg



b0363649_23431613.jpg



b0363649_23432358.jpg



b0363649_23433109.jpg

(何度か採餌でしょうか潜ることはありました。魚などを咥え
浮上してくるシーンは見られませんでした。上の写真の何枚かに
口ばし先端に小さな黒いものがついていますが、小さなカニのよう
でもあり、海藻かゴミのようでもあり解像は出来ませんでした)


一時間程の観察でしたが、岩壁沿いに泳いで港の外に出てゆきました。
港内を出る時に、挨拶代わりの羽ばたきもありました。

b0363649_23434099.jpg

一瞬飛ぶのかナと思ったのですが
結果、飛ぶことは無く、そこだけがちょっと気がかりです。


今季の冬にはオオハムを相模湾側で見ることが出来ました。
また、13年の2月には久里浜港で釣り糸を絡めたシロエリオオハムが
話題になりましたが、筆者は未見で今回が初見になりました。

どうやら換羽途中のようで、アビ・オオハム・シロエリオオハムと同定は
難しいですね。鳥類に精通している発見者の見立てがあってのことで
筆者だけでは、同定は出来なかったでしょう。
あとどのぐらいすると、完璧な夏羽になるのでしょうね。
夏羽も見て観たい気もしないでもなく
(15日 市内 [大津漁港] にて) (トリミングあり)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第二部

~ 飽きもせず ~

夜間に漁港内に戻って来たかも知れない。採餌シーンが撮りたい。夏羽の進行度合い
は等々、気になり昨日と同時刻に行ってみました・・・飽きもせず(笑)

遠目にアレっ・・・昨日と同じスロープに鳥影が!!

近付いて見ると、何と「カルガモ」の親子でした。

b0363649_23484039.jpg


b0363649_23484867.jpg


b0363649_23485505.jpg


b0363649_23490539.jpg


b0363649_23491201.jpg


b0363649_23491995.jpg


b0363649_23492522.jpg


b0363649_23493468.jpg

海辺で「カルガモ」の親子を見たのは初めてです。
雛は一羽だけでした。 仕草、とても可愛かったです。
(16日 市内 [大津漁港] にて) (トリミングあり)




[PR]
by pastel24c | 2016-05-16 23:59 | | Comments(2)
Commented by まっちゃん at 2016-05-17 08:54 x
幼鳥でしょうかね、ちょっとわかりにくいですがシロエリオオハムで良さそうです。
昨日探してみましたが、もう抜けてしまった様です。
この時期は何でもさっさといなくなってしまいますね。
リンクを張らせていただきますが、よろしいでしょうか。
(って、たぶん先に張ってしまいますが^^;)

なんか勝手にトラックバックされてしまいました。
トラックバックの削除が可能でしたら削除してください。
Commented by pastel24c at 2016-05-17 10:16
まっちゃん様
図鑑などではカルガモよりひと回り大きいと言う記載がありますが
今回の個体はカルガモよりはやや小さく感じました。小生も幼鳥の可能性が大と
思っております。幼鳥だとすると第一回夏羽では完璧な成鳥夏羽にはならない旨
の記載もあったり、真偽のほどは小生には分かりませんが難しいですね。
換羽途中は間違いないようで、もう少し進行してくれないと・・・
嘴の上側へのそりが無い事、喉の上部に冬羽の名残りと思われる黒い横線があった
ことなどで小生もシロエリでいいのかと思います。
換羽中の羽根はまだ水をはじく仕様になっていないのでしょうか?潜水後の特に
後頭部は水鳥らしくない感じに見えました。
ちなみに観察時間は9:45分から10:50分でした。まっちゃん様もいつもは
この辺りもチェックしながら通っているのでしょうが、出会いにはタイミングと
縁がありますよね。
リンクの件、光栄です。トラックバックは削除しておきました。
いつもご訪問ありがとうございます。
<< 海 と 蝶 初夏の気配 アサギマダラ  >>